三角くじのメリットやくじの種類について

三角くじのメリットやくじの種類について

現代のくじのタイプについて



近年では、くじによるイベントやDMなどが多く存在していますが、導入することによって、くじを引いたお客さんに賞品が当たり、その結果、ワクワクする気持ちを与えられるなど色々な魅力が存在しています。これから導入について検討している人たちも多いかと思いますが、現在では色々なタイプが存在しているので、選ぶときに悩むこともあります。よりイメージに近いものを導入するためにもそれぞれのタイプについて知っておいた方が良いので、今回はいくつか紹介していきます。

まず、1つ目はデジくじと呼ばれているタイプです。簡単に説明をすると抽選キャンペーンなどを実施できるデジタルコンテンツになりますが、近年ではガラケーよりもスマホの方が幅広い世代から注目を集めています。既にスマホを使用している人たちもたくさん存在していますが、デジくじは主にQRコードなどを使用して読み込むだけのタイプとなっています。簡単に抽選結果が分かりますし、ゴミなどが発生することもないので魅力的です。企業側にとってもお客側にとっても手間なくできるタイプとなっているので、今後も発展していくと言われているタイプになります。

続いて2つ目はスクラッチタイプについて説明をしますが、特徴としては指定されている銀色の部分をコインで削って当たりかはずれかを確認するタイプとなっています。スクラッチタイプは昔から導入されているタイプで、多くの人たちが経験したことがあるくじになるので、導入している企業やお店も多くなっています。従来の素材は削った時に削りカスが出るのでゴミが発生すると言われていましたが、現在ではゴミが発生しないスクラッチも存在しています。指などに銀のカスがつくこともないので安心です。

続いて3つ目は圧着タイプと呼ばれているくじですが、これは店頭アイテムとして人気が高いものとなっています。圧着タイプは基本的にUVニスなどによってくっつけられているので、剥がすときに手間がかかることなく素早く開けることができます。きれいに?がすことができるので、お客さんに不快な思いをさせることもありません。また、ワクワク感を与えることが可能になるので、くじのためにお買い物を楽しむというお客さんもいるので販売促進効果に繋がるアイテムとなっています。

このように、世の中には色々なタイプが存在しています。それぞれ特徴も異なりますので、できる限りそれぞれのタイプを理解してから導入するものを決めるようにすると良いでしょう。



三角タイプのくじのメリットについて



くじのタイプは現在では色々な種類が存在していますが、スクラッチと同様昔から存在しているのが三角くじです。昔は正方形の紙を折ったりして三角タイプにしている人が多く存在していました。昔から人気のタイプとなっているので、今でも受け継がれています。しかし、現在の三角タイプは性能も変わり、様々なメリットがあると言われています。では、実際に導入することでどのようなメリットがあるのかについて紹介していきます。

まず、メリットとしては尖っている箇所がないので、安心安全に使用することができる点です。基本的に従来のものは角が尖っているタイプが多くなっていましたが、現在では角が丸くなっているものが多いので、ケガなどの恐れもなく、安心安全に開けることができます。また、開きやすさという点にも魅力が存在しています。基本的に現在のタイプは圧着して作られているものが多いですが、簡単に開くことができるようにミシン線が入っていることが多くなっているので、その場で簡単に開けることができます。開封のしやすさも魅力的な部分の一つになります。

このように、今回はメリットについて紹介をしましたが、三角タイプにはいくつか魅力的な部分があるので、現在では多くの企業やお店が導入しているアイテムとなっています。



印刷会社を選ぶ際のポイント



くじを作成する時には印刷会社に依頼をすることで手間なく簡単に作ってもらうことができますが、くじを作成することができる印刷会社はいくつか存在しています。できる限りイメージに近いアイテムを作りたいと思っている方が多いと思うので、今回は印刷会社を選ぶときのポイントについて紹介していきます。

まず、見ておきたいポイントとしてはくじの種類です。例えば企業やお店によって導入したいタイプが異なると思いますが、印刷会社によっては数多くの種類を取り扱っているところが存在しています。後悔をしないためにもなるべく種類が豊富にある印刷会社を選ぶようにすると良いでしょう。

また、価格についても確認しておきましょう。例えば理想的なくじが完成しても価格が高い場合は予算的に導入が難しい場合もあります。価格を確認することは大切になりますので、なるべく購入する前には価格の設定についても事前に確認しておくと良いでしょう。このように、選ぶ際にはいくつかのポイントが存在しています。