費用対効果の高いDMとして使える圧着ハガキ

費用対効果の高いDMとして使える圧着ハガキ

幅広い使い方ができる圧着ハガキ



料金の支払いなどで、二つ折りになっているハガキが届くことがあります。内側には要件が書き込まれていますが、開かなければ見ることができません。一度開けてしまえば戻すことができないため、だれかが見たかどうかも分かるようになっています。さらに、用紙を2枚使っているため、面積は2倍以上使うことができるようになることから、より多くの情報も記載することが可能です。他の人には知らせたくはない内容を伝えたいときには、最適な方法になります。これを圧着ハガキと呼びます。

この圧着ハガキは1種類ではありません。複数の種類があり、性質も使い方も異なります。よく使われているのは、用紙に糊を塗り張り付けるタイプでしょう。他にもフィルムを使うオフセットやホーム印刷などがあります。紙もいろいろと選択肢がありますが、マットコート紙は非常に相性がいい用紙となっています。作るだけではなく、発送まで一括で依頼することもできるところが増えました。ノンストップで発注することができるようになり、利用価値はどんどん高まってきています。

機密性の高い郵便物にすることができるため、これまで以上に使い勝手が広いものとなっています。糊を使わなければいけないため、印刷の難しさから敬遠するところもあり、高額のところもありましたが、現在はコストが下がったことで、使いこなせれば大きな武器になってくるでしょう。



DMとしての活用方法



ハガキとして利用価値の高い方法ですが、これをDMとして使うことによって、効果をさらに高めることができます。用紙を折り重ねることができるからこそ、多くの情報を伝えることができます。何よりも、ハガキの表面からは中身が見えなくしていることが、興味を引きます。手に取るように誘因することができるようになり、ハガキを開かせることによって、目を通させます。通常のハガキよりも開封率を劇的に改善させることができるようになるのは間違いありません。

DMとして使うのであれば、多くの情報を伝えることができるようにN折りにしたりする方法も採られます。通常の3枚分をつなぐことによって、情報量を3倍まで増やすことができます。多くの情報があることが分かると、どうしても中身を見たくなるという心理に働きかけます。これだけの情報を入れたとしても、郵便料金は通常のハガキ料金で済ますことができますので、費用対効果の高い方法です。糊がある分だけ印刷がはっきりとしなかった時期もありますが、デジタル印刷にすることによって、はっきりと見やすく発色の良い圧着ハガキにすることができます。

N折りだけではなく、C折りという方法もあります。往復はがきに使える方法で、受け取った人は中身を確認するだけではなく、必要であれば往復はがきとしても使えます。両面印刷ができるからこそ有効な方法で、レスポンスも測りやすいDMとなるでしょう。ただし、重くなってしまう欠点があるため、切り取って使う返信部分には十分に注意が必要です。



費用対効果の高い情報伝達として



圧着ハガキとして効果を上げるためには、心理を突かなければいけません。機密保持ができるということは、中身を見るためには開けなければいけないということになります。他の人が開けていないものを開けるということは、とてもワクワクします。それも、大事な情報が入っているのではないかと思えば、ドキドキもするでしょう。こうした心理を引き出すことができれば、開封率は劇的に上昇します。それも、3面あるとしたら、どこに何が書かれているのかということが気になってくるでしょう。情報量が増加しても、郵便代は変わることがありません。

問題としては、開封できることを知らせなければいけないということになるでしょう。手で持った時に、厚みの感覚が異なるため、違和感を覚えます。ですが、そこで終わればおしまいですので、誘導することも必要です。誘導も自然に行うことができれば、開封率を高めることができるでしょう。こうした効果は、既存のDMにはないことです。

さらに、光沢を持たせるかどうかでも変わってきます。DMでは、光沢を持たせるようにするのが基本ですが、写真を用いた時に鮮明に見せることができる効果もあります。情報だけを明確にするのであれば、光沢をなくすほうが効果的ですが、映像を認識させるためには、この光沢が力を発揮します。光沢をつけるためにはUVニスを使いますが、コストも安価で効果を上げることができる方法です。面積を多く使うことができる圧着ハガキだからこそ、レベルの高いDMにすることができるでしょう。

開かせるという行動を引き出せる圧着ハガキは、インパクトの強い方法です。意外性を感じさせることもできます。それでいてハガキですので、あなただけに送ったという演出もできますので、非常に費用対効果の高い方法であると言えるでしょう。