dmは進化しています

dmは進化しています

dmの種類には何がある



dmと言えばハガキで企業の宣伝や特典などを通知する方法として、以前より利用されていました。最初はシンプルなデザインのdmばかりで、それでも効果があり利用する企業は多かったのですが、はがきでdmを出すだけでは効果が薄くなってきていて、改善策が必要になってきました。そんな現状を考えてから、dm業者もあの手この手といろいろなデザインのdmを出すようになってきました。開封率を上げるような面白い仕組みのものを制作するようになってきています。その1つの可変印字スクラッチと言うものがあり、スクラッチ機能がある宣伝方法です。日本人は何かとクジがついていると見てみたくなるもので、宝くじ売り場でもスクラッチクジは人気があり、クジを引いて何かが当たるのであれば、ワクワクして引きたくなります。そういった機能がついた物を制作することもできます。10円で削ってから出てきた番号や当たりなどが書かれていると嬉しいものです。こういった機能と一緒に企業のキャンペーンを合わせてから贈ると、開封率が上がること間違いありません。

ただ送るのではなく、開封率を上げる仕組みを持った手法の制作をすることができて、より効果的な宣伝方法となっています。一番人気と言えば招待券やチケットなどが付いてあり、そのまま使えるものです。いろいろな仕掛けをすることができて、受け取る側からしたら、開いて招待券や優待券がついていると、無料でついてくるものであれば使いたくなります。その人の心を揺さぶったもので、画期的なdmです。圧着式のはがきに、このようなレスポンスシールを組み合わせることでより効果的な企業宣伝ができます。昔に比べて随分その仕組みが変わってきたものです。このように、はがきで送る広告にもいろいろな種類のものが出てきていて、受け取った人が思わず手に取って開けてみたくなるような仕組みがあります。これは、業者の今までの実績と経験から出てきた新しい形のdmです。想像以上に進化していて、その効果も随分と向上してきていて、出すだけの価値がある費用対効果が得られるようになってきています。



有効活用するためのポイント



dmをできるだけ効果的に使うために、どんなことに気をつければいいのか基本的なことをしっかりと考えてから出さないと、せっかくお金をかけて出したものが、思った程の効果が得られないこともあります。いくら色々な仕掛けができるようになったからといって、基本的なことを忘れていては意味がありません。

dmを送る相手も様々ですし、その中でも見込み客に贈る場合には注意が必要で、何かの商品に興味を持ってもらった人に、新規顧客になってもらいたいので送るわけですので、より魅力的な物を送れば、愛用者になってもらえる確率が上がります。何らかのアンケートや無料提供で登録してくれた人なので、その後のアプローチを間違えなければ十分に新規顧客になってもらえます。送る相手が、テレビなどのCMで流すような不特定多数の相手ではないので、直接相手の手元に送り届ける広告になります。相手が手に取ってから見てみて興味をそそるものでなければ意味がありません。商品に興味を持ってもらえている相手に対して、後押しをするには、今購入すると特典があるということを印象つける必要があり、そこさえ気をつけていれば、特典やキャンペーン情報を紹介することで見込み客から利用客になります。



dmの宣伝効果は



dm向きの商品というものがあります。いくら郵便で宣伝してもなかなか新規顧客になってもらえない商品や、一度郵送で送るだけで購入してもらえる商品など、商品によってその効果も変わってきます。費用対効果を考えると効果的な商品と言えば、デザイン以外では顧客単価が高い商品・リピート率が高い商品・保守やメンテナンスが必要な商品・顧客の俗世が絞られる商品などは、郵送で連絡をすると効果的な商品です。他にも、口コミで新規顧客が広がりそうな商品もあり、友達や家族に紹介しやすい商品・家族や友人たちを連れて行きやすいサービスなど、付加価値があり新規顧客獲得が複数人期待できる商品やサービスなども、dmで紹介すると顧客獲得しやすくなります。

このように、獲得したい新商品やサービスがdm向きのものなのかどうかを、まずは考えなければせっかくお金をかけて宣伝しても効果が思った以上あがらなかったということになります。直接宣伝しても効果がなさそうな場合は、特典やお試し商品などを紹介して相手の様子を見ることも重要です。CDやDVDを一緒に送ってから視覚的にも宣伝して商品の良さを伝えることも重要です。言葉だけではなく見せることでより効果的な販売促進をすることができます。より商品のイメージを相手に伝えることで商品がどんなものなのかをしっかりと理解してもらうことで、必要なものであれば購入してもらえますし、必要でなければ購入してもらえないので、ここまで伝えればどちらに転んでもdmを出した意味があります。