環境への取り組み

小松総合印刷は環境保全に取り組んでいます

 

太陽光発電システム設置

予てより準備してきました太陽光発電工事が完成し、2013年9月より発電を開始しました。
239枚の太陽電池モジュール(太陽光パネル)を、弊社の屋根に設置し、49.473kWの太陽光による発電ができるようになりました。

CO2の排出による地球温暖化によって、私たちの周りも、様々な気候の変化が起きており、集中豪雨や竜巻など、多くの自然災害が発生しています。
私たちは、少しでも太陽光発電によるクリーンエネルギーを創る事により、地球温暖化の原因のCO2の排出抑制に協力できる事をうれしく思います。

今後も、地球環境保護のため、弊社にできることを積極的に行い、環境保全に取り組んで参ります。

solar02

solar01


 

クリオネマークGOLD+ 取得

クリオネマークGOLD+

弊社は、2007年5月に環境保護印刷推進協議会(略称E3PA)より、認証ステータス登録基準の「ゴールドプラス認証(枚葉オフセット印刷)」を取得いたしました。

本認証取得により、弊社で印刷した製品には、環境にやさしい印刷方法及び材料を使用した印刷物であることを証明する「環境保護印刷マーク(クリオネマーク)」を使用することができるようになりました。
同マークは、大気中にVOCを放出しないnonVOC、排水を汚さないnonDRAINを目標に、基準を満たした印刷設備・資材を使用して印刷されたことを証明するものです。

御社の環境対策のアピールにもお役立ていただければ幸いです。

  • フルデジタル化によりフィルムレス処理が可能。
  • VOCガスを排出しない「non-VOCインク」を使用します。
  • また、FMスクリーン、AM高精細技術を採用し、インク・湿し水の使用料を削減。
  • 湿し水にIPAを使用しないので環境にとてもやさしいです。

※特色インキなどでVOC含有量が1%を越えるものを使用した場合には「クリオネマーク」は使用できません。