社長の言葉

ひとりひとりが「自分らしさ」を求める“個”の時代へ

 インダストリー4.0、IOT、AI、5G ・・・時代は大きく変わっています。みんなの憧れが同一だったマスの時代から、ひとりひとりが「自分らしさ」を求める個の時代へと変化し、マーケティングの考え方もそれに合わせて大きく変化しています。  個性を持ったひとりひとりにふさわしいオファーを、どのタイミングで届けるか。いかに多くの「データ」を集め、ビッグデータも活用しながらどのように活かしていくか。個人の複雑な消費行動を「見える化」し、次の販促アクションにどう繋げていくか。  私たちは、「売れる仕組みのお手伝い」をキャッチフレーズに、お客様の販売促進のお手伝いをしています。「良い商品が売れる時代」は終わり、「欲しい商品」を「欲しいタイミング」で伝えないと買ってもらえない時代へと変わっています。趣味嗜好の異なるそれぞれの消費者ひとりひとりが求めているものを最適な内容、タイミング、媒体で伝える事。それがこれからのマーケティングに求められています。  スマートフォンの普及も手伝って、販売促進には様々な媒体が使われるようになりました。印刷業界にいると「紙」対「デジタル」といった二項対立で語られる声を多く耳にしますが、どちらが優れているといった議論は意味をなさないと私たちは考えています。誰に、どんなタイミングで、何を伝えたいのか?その時に最も効果的なメディアを選び、あるいは両者を組み合わせ、採用する。そんな時代になっています。  私たちはダイレクトメールが得意な印刷会社から、消費者の複雑な消費行動データを用い、紙メディアとデジタルメディアを組み合わせた販促支援を行う会社へと変化してきています。「印刷」という狭い枠に捉われず、お客様に「販促の成果」をご提供しています。  ビッグサイトや幕張メッセなどでの様々な販促・マーケティング関連の展示会に出展し、皆様が必ずご存知の大手のお客様からご評価をいただいています。自社独自の販促セミナーを開催し、販促活動でお悩みの多くのお客様にご来場いただいています。北海道から沖縄まで日本各地のお客様が私たちのホームページを訪れ、ご発注をいただいています。  今までの成功事例に囚われず、時代のニーズを先取りして市場を開拓し、これからもより大きく変わっていきます。柔軟な思考とバイタリティーに溢れ、仕事を楽しめるタフな若い皆さんが活躍出来るフィールドが広がっています。  5Gやクラウドが当たり前の時代、都市部にいなければならない理由はありません。標高1000m、素晴らしい自然に囲まれた中で、日本中の誰もが知っている企業の販促支援を行いませんか?  我社の製品は今、日本中に広がっています。

マイナビ2019