しっかりと開封されるDMを送るための工夫

しっかりと開封されるDMを送るための工夫

DM送付の必要性



インターネットが普及したこと、スマートフォンが進化したことから日常的に店舗が顧客に対して自社のアピールをする手段は増えています。コストがかからずタイムリーに送ることができるということでメールはどんどんその数を増やしています。しかし、送る側に手間がかからないとなれば多くの店舗がメールを送ることになり、顧客側は一日にたくさんのメールを受け取ることになります。そうすると開かずに削除するメールというのもおのずと増えていくものです。

そこで改めて注目されるようになっているのがDMです。一時期は送料がかかること、作成の手間がかかること、タイムラグが発生することなどから使われる数が減ってしまっていました。しかし、最近では総広告費に占めるシェアはまた増えつつあります。

広告というのはお金をかけて打ったからといってすべてがリアクションの戻ってくるものではないですし、レスポンスも決して良いものではないと言われています。そのため、その少しのレスポンスを期待してターゲットを絞り効果が出るようにあれこれと考えて打ち出すことが必要になります。そこで、今一度DMの手法というのが見直されています。

メールのように手軽に送ることができずコストもかかるものだからこそ、送り手も少しでも興味を持ってもらいたい、手に取るだけでなく中身を確認してほしいという気持ちをもってしっかりと考えて作ることができます。そのためあれこれ工夫をして作成をして、送付後もどれだけレスポンスがあったか確認をし、反応が悪ければ何が原因かということをしっかりと考えて次に向けての策を練ります。このようにただ広告を作るだけでなくしっかりと計画的に行うことが重要であり、そのような取り組みをしやすいというのもメリットとして存在します。



DM制作は大変



情報過多になりつつある現代だからこそ限られた紙面で自社のアピールをすることのできるDMが良いと言われています。その反面、せっかくならば一度の郵送で少しでも多くの人からリアクションがほしいと考えていろいろな情報を盛り込みがちです。そのようなものを作ってしまうと見にくくなりますし、ターゲットも絞れなくなって、結局誰に向けてのものかわからなくなってリアクションも悪くなるという結果になることが予想されます。

そして素人にはそのデータを作成するというのも相当な負担となるものです。最近ではテンプレートも増えており、必要事項だけを入力すればすぐに使えるツールも出てきています。しかし、実際にはそのテンプレートに合う写真の撮影や文字数に合った文章の作成といったものはとても面倒ですし、さらに作ったものを印刷するというのも相当な手間となってしまいます。苦手な人が作成をすると、イメージと仕上がりのはがきとが違うものになってしまい修正をする必要も出てくる可能性があります。

このように個々のニーズにマッチし、目的に応じたDMを作成するというのはとても大変なことであり、スタッフの何人かがずっとこのDM業務に追われてしまうことになります。ある程度決まった時期までに作成をして発送までを済ませなければならないとなれば、残業が出てくるということも少なくありません。パソコン技術にたけていたりデザイン制作の仕事をしたことがあったりセンスがあったりすれば簡単にできることですが、あまり慣れていないという人だと相当な負担になります。

さらにそれだけの手間をかけて作成してリアクションが薄いとなればモチベーションも続かなくなってしまいます。色々な意味でDM制作の仕事というのはとても負担になるもので、効果を上げるのはさらに大変なことです。



プロに依頼をする



自分たちでDM制作をすることが難しいとなればプロに依頼をするというのがおすすめです。プロに依頼をすれば普通のはがきだけでなく、圧着式のものや型抜きのもの、くじが付いたもの、切り取り式のクーポン券がついたものなど様々な形態のものを作ることが可能です。何よりもたくさんのものをつくってきた経験から必要な情報を簡潔にまとめ、ターゲットに対してピンポイントに届くものを作ってもらえます。

作成を依頼するともちろん費用が発生します。材料費だけでなくデザイン料も含まれることが一般的です。しかし、これだけの費用がかかったとしても、職場内でスタッフが作成するよりも完成度の高いものを作ることができますしリアクションも期待できます。さらにはDM作成をしていたスタッフがほかの業務に取り掛かることができるために業務効率も上がることが期待できます。製作費がかかったとしても、スタッフに支払う残業代やほかのスタッフの負担を考えるとトータルに考えるとお得になることもあります。

もちろん作成することにはお金がかかりますし、それぞれの予算というものもあります。そこで制作を依頼するか迷っているという時にはまずは相談をして見積もりを出してもらったり制作できる印刷物の見本を見せてもらったりして具体的に検討することがおすすめです。実際の制作物や費用の見積もりを見れば依頼をするべきなのか今までの制作物を利用するべきなのかも判断がつけやすいですし、費用で折り合いがつかない場合は、一部のはがきだけ試験的に導入してその結果を見て本格的に移行するかどうかを判断するということも可能です。