ダイレクトメールを送るときには用途やサイズを考慮しよう

ダイレクトメールを送るときには用途やサイズを考慮しよう


ダイレクトメールは用途によってサイズを変えることがポイント



自社のサービスや商品を宣伝するときにはダイレクトメールを活用すると効果を発揮することができるようになりますが、ダイレクトメールというのはただ送ればいいというわけではありません。用途によって使用するサイズを変えることが重要です。例えばA4サイズのものであれば比較的価格が安価な割に豊富な情報量を記載することができるので、定番のメールとして非常に人気があります。特に新規のお客さまに対してアプローチするときには豊富な情報量を盛り込むことが必須となるので、こちらのタイプはとても効果的です。

A4サイズのダイレクトメールの利用実績として、不動産会社の住宅展示場の案内メール、高単価な商品のセールスなどに使われることが多くなっています。基本的には、パッと目を引くことができるので、目立たせたいと思うときには最適の大きさです。ただ、A4サイズのものは大きいために顧客のポストに入らないことがあるので、折れ曲がった状態で投函されることがあります。その辺りも考慮したデザインにすると、より効果的にオファーすることができます。

また、もっと手軽に利用したいときには、ポストカードタイプのダイレクトメールを利用するといいでしょう。利用用途としては、新商品の告知やキャンペーンのお知らせ、さらには暑中見舞いや店舗移動のお知らせなど、いろんな用途に活用することができます。わざわざA4のサイズでお知らせするようなほどでもない情報に関しては、むしろポストカードタイプのダイレクトメールにした方がいいでしょう。

このように、用途によって配布するサイズを変えることは、ビジネスを成功させるためにとても大事なことです。いつも同じ大きさのものを送っていると、顧客の反応は薄くなってしまうので、サイズも考慮して送るようにしましょう。



ダイレクトメールの用途やサイズ選びに困ったときには



自社でダイレクトメールのサイズ選びや用途について困っているのであれば、専門業者に依頼をして、どのようなものを送ればいいのかを相談するといいでしょう。自社のサービスや商品を顧客に知らせたりオファーをするときには、電子メールよりも確実に相手に届けることができるダイレクトメールの方が適切ですが、あまり利用したことがない場合にはなかなかうまくいかないということもあります。

専門業者であればいろんなサイズのものを提供しているので、さまざまな用途に合わせた一通を送ることができます。インパクトを出した方がいいのか、それとも単純にお知らせだけすればいいのか、さらに開封率をアップさせるためにはどのようなものにすればいいのかなど、専門業者にはたくさんの利用実績があるので相談に乗ってもらえます。成約率をアップさせるためには、まずは開封率をアップさせることが大事なので、自分の判断だけではなく専門業者の意見も聞いて、なるべく開封率が高くなるようなダイレクトメールを送るようにしましょう。

今や多くの企業が多彩な方法で顧客の元へ情報を送っている時代なので、目立たないようなものを送ってもあまり効果がありません。しかし、創意工夫のされたダイレクトメールを送れば顧客の開封率は劇的にアップして、自社のメッセージを読んでくれます。そして、昔と違って印刷技術も向上しているので、思いもよらない方法でオファーすることもできます。ぜひ専門業者に相談をして、他社とはひと味違ったものを出すようにしてみましょう。



サイズや用途を最大限考慮したダイレクトメールを送るメリット



今やネットの時代なので、ネットの広告を出したりメルマガを配信したりして自社の商品を売り込もうとしている企業は多く、昔のようにダイレクトメールを軽視しているところも少なくありません。しかし、逆にネット上の広告が氾濫するようになり、ひと昔前のような効果は期待できなくなりました。こんな時代だからこそ、あえてダイレクトメールを出すことが効果的になってきています。

もちろん単純に配布するだけでは他の郵便物と一緒に混ざってしまうので目立った効果は期待できませんが、サイズや用途を考慮した上でベストなものを配布すれば、ネットの広告よりもずっと高い成約率を出すことができます。また、最近は代表取締役からの直筆の手紙が同封されていることが多く、その企業の姿勢を直接的に顧客へアピールすることができます。ネット上のメッセージは誰もが同じ文体になるので差別化をすることができませんが、直筆の手紙というのは書き手が異なるために顧客の感情に直接訴えることができます。

ダイレクトメールは工夫すれば他の媒体よりもずっと高い成約率を出すことができるツールです。ましてや今の時代はいろんなサイズのものを作成することができるので、アイデア次第でいくらでも顧客を飽きさせずにお知らせなどを出すことができます。専門業者と共に自社オリジナルのものを作成するといいでしょう。