デジくじの特徴と活用法

デジくじの特徴と活用法

話題の販促ツール、デジくじとは


デジくじとは、ダイレクトメールとデジタルコンテンツを組み合わせた最新の販促ツールです。デジくじには、QRコードと呼ばれる四角いドットで作られた二次元バーコードが使われます。データに基づき顧客一人ひとり個別に発行されたQRコードを、バリアブル印刷と呼ばれる1枚ずつ違う内容を印刷する技術を用いてダイレクトメールに印刷します。それを送付すれば、受け取った顧客はスマートフォンでQRコードを読み取るだけで、くじを引くことができます。くじ引きの画面に氏名やシリアルナンバーなどを表示すれば、自分だけの特別感を演出することも可能です。
若者はもちろん、幅広い年代にスマートフォンが普及した現在、ユーザーはアナログかデジタルかを特に意識することなく、サービスを利用しています。デジタルに閉じたマーケティングの効果が下がる一方で、顧客一人ひとりに直接届くダイレクトメールの効果が見直されているのです。文字だけのメールは最後まで読んでもらえないことも多いですが、QRコードを入り口としてデジタルと組み合わせることで読んでもらいやすくなります。スマートフォンさえあれば簡単に引くことができるデジくじは、ダイレクトメールだけを送付する場合に比べユーザーの反応を得やすいこともメリットです。Webへのアクセスを通じて、顧客の行動をリアルタイムで確認することができ、マーケティングに役立てることも可能になります。
デジくじは、QRコードを使ったWeb誘導の手段としてだけでなく、伝統的な販促ツールでありながら今もなお高い訴求力を持つダイレクトメールの価値を高める手段としても注目を集めています。

デジくじの特徴とメリット


デジくじ最大の特徴は、QRコードを使ってダイレクトメールとデジタルを融合させたところにあります。スマートフォンの登場以来、企業と顧客のコミュニケーションは、デジタルで完結する傾向となっています。情報発信やデータ収集が容易になった反面、五感に訴えるダイレクトメールに比べ反応率が低いとの指摘がなされています。その一方で、伝統的な手法であるダイレクトメールは、実物が手元に届くことから若い世代にとってはむしろ新鮮で、現在でも高い効果が見込めます。しかしWebに比べて掲載できる情報が少なく、反応の確認が難しいのが難点です。
デジくじには、高い訴求力を持つダイレクトメールを入り口に、スマートフォンユーザーにとってなじみ深いQRコードを使ってWebへと誘導する仕組みがあります。紙やデジタル単独では難しかった効率的なマーケティングが実現可能です。一般的なQRコードではなく顧客情報に紐づいた個別QRコードを使用すれば、顧客ごとに専用サイトに誘導することもでき、きめ細かなアプローチが可能になります。
デジくじのくじの部分は、顧客にダイレクトメールを読んでもらい、アクションを促す効果があります。キャンペーン情報やクーポンなどのお得情報が記載されていることに加え、スマートフォンでQRコードを読み取るだけで宝くじのようなお楽しみとワクワク感を味わうことができるデジくじは、文字だけのダイレクトメールに比べレスポンスが得られやすいのです。開封率を上げるためにクーポンやスクラッチくじをつけることはよく行われますが、デジくじは顧客の反応をリアルタイムに確認でき、集計の必要がないこともメリットです。

デジくじの仕組みと活用方法


デジくじは、ダイレクトメールの顧客リストと連動し、パーソナライズされたWebページを表示させるデジタルサービスです。くじの仕組みは次のようになっています。
最初に専用サーバーの顧客リストに基づき、顧客それぞれに個別のQRコードが発行されます。このとき、QRコードごとに表示されるくじの結果を顧客リストに設定しておきます。準備ができたところで、ダイレクトメールに住所と氏名とQRコードを印刷して顧客のもとに送ります。顧客がスマートフォンでQRコードを読み取ると、あらかじめ設定された結果が表示されると言うわけです。
アクセスの結果はサーバーに自動的にアップロードされ保存されるため、いつ誰がアクセスしたかをリアルタイムで把握することができます。
顧客の行動が見える化されることは、サービス導入の最大のメリットです。レポートを出力したり、見込みリストを抽出したりすることも可能なので、データの活用もしやすくなっています。デジくじは、ダイレクトメールの効果を知りたい企業はもちろん、反応が今ひとつだと感じている企業、見込み顧客に積極的にアプローチしたい場合にもおすすめです。
デジくじのQRコードは、くじの結果だけでなく、新規登録のための入力フォームを表示させることもできます。そのため、既存顧客にキャンペーン情報を送るのはもちろん、新規ユーザーの獲得やメールアドレスなどの顧客情報を集めるために使うことも可能です。