バリアブル印刷の事例を参考にしよう

バリアブル印刷の事例を参考にしよう

バリアブル印刷の事例を参考にするには


ダイレクトメールでは、さまざまなタイプで印刷物を作成します。商品販売における販促グッズとしていろいろなバリエーションで加工されたPOPなどを作ることや、商品説明など関連するパンフレットも準備する必要があります。
これらの印刷物を作るときに重要なことがあります。それは、単なる売込みのための道具として作るのではなくて、その販促グッズによってどれだけ集客することができるか、販売数を格段にアップさせることができるのかが大きなポイントとなります。
たとえば、通販メインの企業では、今まで顧客がどのような商品を購入しているのか、どの時期に集中して発注していただいているかなどをマーケティングして、休眠顧客に対して、以前に購入した商品であったり、キャンペーン情報を載せつつ印刷物を発送するという方法は、誰もが思いつくことかもしれませんが、だからこそ忘れがちになっている情報なのかもしれません。そのような事例を参考にすることで、戦略を練ることのできる印刷会社は存在しています。
このような企画戦略から参加してくれる総合的な印刷会社は、どこで探せばいいのか分からない人も少なくありません。インターネット上には、多くの印刷会社がホームページを開設しています。ダイレクトメールの種類、POPなどの販促グッズ、バリアブル印刷をはじめとした総合的な印刷について紹介しています。金額もくわしく記載されていますし、納期なども参考になります。まずは、気になった印刷会社があれば、オンラインで見積もりを依頼してみてはいかがでしょう。何を打ち出せばいいのかわからないのであれば、今までの事例集を参考にして予想することもできます。

事例も様々あるバリアブル印刷を参考にする


ダイレクトメールをはじめとした印刷物には、クレジット会社や景品の案内などに利用できるQRコードが印刷されたものが送られてくることがあります。事例としてシリアルナンバーやQRコードは景品などのプレゼントに申し込みをしたり、自分だけの情報を読み込ませるときに使用しますが、ターゲットに対して一斉に送るダイレクトメールなのに、異なるQRコードを印刷することは特殊な技術と感じる人も少なくありません。
これは、バリアブル印刷という手法を使用しています。送る相手に合わせて、その人だけの情報を印刷するのです。通販カタログなどのキャンペーン情報として、特別感を出したいときに顧客にマッチした情報を印刷することもできますし、プレゼントの抽選番号をシリアルコードにして印刷することのできる手法です。
ダイレクトメールとは、ただポストに投函したらおしまいというわけではないでしょう。そこからターゲットが中身を見てくれること、商品を注文してくれることまでを見越した展開で送るものなのです。ビジネスとしての集客にどうやって生かすことができるのかを真っ先に考えなければ、ただの印刷物で終わってしまうこともあります。そのまま開いてもくれずにゴミ箱に捨てられてしまったら経費の無駄となってしまいます。
そうならないためにも、しっかりとした予備調査を参考にしなければいけません。顧客一人だけを相手にするのではなくて、家族構成も読み取ります。もしかしたら、家族の中に興味を持ってくれる人がいるかもしれませんし、そうなれば今度はその家族の人から注文が入るかもしれないということです。

参考にしたバリアブル印刷を事例とともに考える


大手飲食店などでは、必ずしもそこまで足を運んできてくれたお客様だけを相手にしているのではなくて、店舗に近い住所に住んでいる方たちを対象としたダイレクトメールを作成することが多くなってきています。参考になる事例などが紹介されている印刷会社もありますので、同じようなことを考えているのであれば目を通してみましょう。
これも同じく、ただ送りつけるだけではありません。レスポンスを上げるためにも興味を持ってもらい、店舗まで足を運んでもらえるような印刷物でなければ意味を成しません。
そのためにできることは、バリアブル印刷でしょう。従来通りのダイレクトメールには店舗の情報やメニューなどを分かり易く掲載します。そこにくじ引きのように1枚ずつ違う内容の割引金額や商品写真を組み込めば立派なバリアブル印刷の完成です。これはデジタルくじという種類になり、シリアルコードやQRコードを印刷する手法になります。
いま主流となってきているデジタルくじは、抽選キャンペーンとしての価値が高いものになります。ほとんどの方がスマートフォンを持っていますが、QRコードの読み取りアプリがついていますので、簡単にコードの内容を自分のパソコンに読み込ませることが可能なのです。顧客情報もリストとして反映できるので、顧客管理としての機能を併せ持っていることから現代ならではのサービスではないでしょうか。インターネットから情報を入手する人たちが増えている中で、どうしたらターゲットに近づけるかを模索したのがバリアブル印刷などを使ったダイレクトメールなのです