バリアブル印刷を業者に頼む際のポイントとは

バリアブル印刷を業者に頼む際のポイントとは

バリアブル印刷とは


バリアブル印刷というのはデータベースから情報を取り出して、それを1枚ずつ違う内容の可変印刷をするというものです。ベースとなる情報があり、可変する情報を差し替えながら印刷していくことができるのです。例えば年賀状印刷の宛名を印字する際にもバリアブル印刷が使われているのです。これはプロに頼まなくても自宅のパソコンで行うこともできます。しかし、プロに頼んだ方がさまざまなメリットがあるのです。例えばプロにバリアブル印刷を頼むと文字情報だけではなくて画像を差し替えてくれたり、バーコードを生成してもらうこともできるのです。そのため、普通のパソコンのソフトでは表現できないようなデータを用いた可変印刷をすることもできます。
写真入りの卒園証書を印刷してもらうことができます。こちらの場合は名前だけではなくてそれぞれの園児の写真も差し替える必要があります。さらにいろいろなコメントを入れることもあるでしょう。文字以外のデータも差し替えながら印刷ができるためとても便利なのです。
ビンゴカードがついているポストカードを印刷することもできます。さらには抽選くじの印刷にも対応しています。くじの場合は組み合わせが数十万単位になってしまうのですが、それにもしっかりと対応してくれるのです。抽選した結果についてもバーコードリーダーを活用することによってしっかりと読み取ることができるのです。
他にもさまざまなアイデアを実現することができるでしょう。とても有用性のある印刷方法とされているのです。そのため、プロが絶賛しています。普通の家庭用のプリンターでは実現できない印刷物をたくさん印刷してもらうことができるでしょう。このようなサービスを提供している業者があるのです。

バリアブル印刷を利用するためには


それでは実際にどのようにしてバリアブル印刷が行われているのでしょうか。例えば顔写真の入った認定書のケースをみてみましょう。この場合、可変部分となるのは顔写真と名前です。さらに資格の種類や等級なども可変印刷することができます。この場合、デザインデータと顔写真、さらに可変内容の記されているデータベースが必要となります。これらを提供することができるならば、印刷してもらうことが可能でしょう。バリアブルのための専用ソフトがあり、そちらでそれぞれのデータベースのレコードの関連付けをしていくのです。
それでは実際に依頼する際に必要となるものは何でしょうか。まずベースとなる台紙のデータが必要となります。取り込めるデータの種類が決められているため注意しましょう。また、可変部分についてレイアウトを指示したり、見本を用意する必要もあります。さらにデータベースも用意しなければいけません。こちらは可変する情報を記載したものです。さらに可変ファイルデータを用意します。写真やファイルについてはすべてが同じサイズになるようにしなければいけません。そうしないと可変印刷で問題が生じてしまいます。
このように細かな指定があるため、事前にチェックしておきましょう。問題のないデータを用意することができるならば、それを用いて可変印刷ができるのです。不明な点があるならば、質問をすると良いでしょう。業者の方でしっかりと対応してくれます。事前に調整しなければいけないこともあるため、きちんと確認しておきましょう。

バリアブル印刷でできること


バリアブル印刷というのはこれからの時代に合った次世代印刷といえるものです。そのため、さまざまなことが可能となっています。種類がとても豊富な点が特徴的です。QRコードやID、シリアルナンバーといったものを可変させることもできます。フリーペーパーやちらしなどの印刷に活用することもできるのです。これからも需要が増していくでしょう。印字と画像の組み合わせによって、幅広い印刷が可能となるのです。
例えば3D印刷にしてみることもできます。加工方法も複数あるため、そちらと掛け合わせることもできるでしょう。型抜きやスクラッチ、圧着などの方法があります。メッセージカードやくじを作成して、そちらにバーコードを添えるということもできます。今ではあらゆるところでバリアブルの技術が使われているのです。
例えばダイレクトメールでそれぞれのユーザーに合わせた商品画像を可変にするということもできます。これによって、より効果的な販促ができるようになるでしょう。また、ビジネス目的で利用するだけではなくて、個人が同人誌の作成にバリアブルの印刷技術を活用することもできるのです。その際には専門業者を利用すると大量にプリントしてもらうことができるためメリットが大きいでしょう。
ツアーパンフレットを作成したり、求人誌や商品カタログの制作に利用することもできます。最近では免許証や修了証にまで活用されるようになっています。これからもどんどん可能性が広がっていくでしょう。興味のある方は業者に問い合わせてみましょう。さまざまなプランが用意されています。