ワクワクさせるコツやスマホで引けるくじの特徴と業者の選び方

ワクワクさせるコツやスマホで引けるくじの特徴と業者の選び方

くじはワクワクさせるコツが必要



くじは様々な場所で活用されており、実際に取り入れて何かのイベントに活用しようと考えている人も少なくないでしょう。例えばイベントなどでくじ引きができる箱などが設けられていたら、その箱に興味を持ったお子様が箱の近くまで寄ってきてくれるでしょう。このように集客効果を期待することができるので、販促イベントなど集客の必要性があるイベントにも活用することができます。くじが開催されていることだけでも、企業の中には販売促進の目的を達成できる人もいますが、くじ引きにおいてはワクワクさせることができなければ利用者に楽しんでもらうことができません。ワクワクさせることでもう一度引きたい、イベントに参加したいと思わせることができます。

ワクワクさせるコツはデザインをしっかりと考えることです。箱やくじにデザインを施す企業も多いです。もし一度見たことがあるデザインを採用してある場合、見慣れているのでワクワクしてもらえない可能性もあります。そのため、ワクワクさせるためにオリジナルのデザインを制作したりして工夫をすることで、ワクワク感を演出しているところもあります。デザインの例としてはめくる前の用紙にキャンペーンという文言などを入れて特別感を出すことで、ワクワクしてもらえる可能性が高まります。

また、用紙に工夫を凝らすことでワクワク感を演出できる可能性があります。例えば型抜きをすることです。型抜きとは用紙に描かれているデザインの外枠に合わせて型抜きをすることになります。四角い用紙ではなくなり、他では少ない個性を出すことができるのでワクワクしてもらえる可能性が高くなります。また、スクラッチを採用することでもワクワク感を演出できます。スクラッチは5円玉などの硬貨で削ります。一度に結果を把握できるめくるタイプとは異なり、抽選結果が徐々に削ることで見えてくるため、大人であっても童心に返ってワクワク感を得ることができるでしょう。

このように、取り入れる用紙によってもワクワク感に影響を与えることができますが、雰囲気作りも一つのコツになります。例えば抽選を行う机に抽選した方がもらえる商品を並べておくことで、もしかしたら自分が当たるのではないかと思ってくれる人もいます。また、机に渡す商品を並べることで、具体的にどのような商品を貰うことができるのかを抽選前に知ることができるので、ワクワク感を演出できる可能性があります。ワクワクさせることで次イベントを開催する時も集客できるなどのメリットがあるので、どのようにすればワクワクさせられるのかを考えて取り入れるようにしましょう。



スマホで引けるくじの特徴について



圧着やスクラッチでくじを引くことが多いですが、現在ではスマホで引けるくじのサービスを提供することができます。特徴の一つはデータをパソコンなどで管理できることです。例えば誰が抽選を行ったのかリアルタイムで確認することができるため、抽選状況の把握が可能です。また、バリアブル画像の表示が可能です。実際のくじを印刷する時でもバリアブル印刷が用いられます。バリアブル印刷は一枚一枚違う印刷が可能です。

スマホで確認できるくじもバリアブルに情報を提供することができます。例えば名前などを入れて利用者のスマホに表示させることも可能です。簡単に抽選結果を知ることができる点も特徴の一つです。実際に抽選をする時はポスターなどからQRコードを読み込みます。実際にスマホではQRコードを読み取ることができるアプリなどもたくさんあるので、そのようなアプリをインストールして抽選ができます。読み取りをして指定のサイトにジャンプしたら、抽選結果を知ることができます。実際にスマホでの抽選は従来ではなかったので真新しさを感じることができる人も少なくないでしょう。そのため、抽選を引く方の中にはワクワク感を感じてくれる人も多くいます。



ワクワクさせるために慎重に業者を選択しよう



ワクワクさせるために制作や印刷してくれる業者を慎重に選びたいと考える人も少なくありません。例えばワクワクさせるために用紙などにこだわりを持ちたい人もいますので、まずはどのような用紙のタイプを扱っているのかを確認します。例えば業者の中には圧着くじだけでなく、スクラッチなど豊富な種類を扱うところも多く、ワクワクさせられそうな用紙を扱う業者を選択して抽選のためのくじを準備しましょう。

その他にも制作実績などを確認します。実際にワクワクさせるためのくじを提供してくれるところを選ぶことも選び方の一つですが、盛り上げるだけでなく安心して購入できるところを選択したいと考える人も少なくないでしょう。実際に制作実績を見れば今までどのようなくじを印刷、制作してきたのかを理解することができます。また、既に利用者がいるので安心感を得ることができる人も少なくないでしょう。このような選び方を参考にして抽選に取り入れましょう。