価格も抑えられるバリアブル印刷

価格も抑えられるバリアブル印刷

フレキシブルな対応ができるバリアブル印刷


印刷にはいろいろな方法があります。活用の仕方を考えるだけでも、ビジネスにいかせられると感じる人も多いでしょう。バリアブル印刷もそのひとつの方法です。バリアブルとは、自由に稼働できるという意味がある言葉であり、可変式印刷と呼ばれている方法になります。いろいろな呼び名がありますが、非常に便利な方法であり、活用の仕方次第で大きな効果を発揮することは間違いありません。実際にVDPやVIPとも呼ばれる方法ですが、一般的な印刷方法と名称が異なる部分を持っています。
種類が豊富ということも重要なポイントです。さまざまな印刷ができる方法であり、多くの利用方法が考えられます。宛名を印字したりシリアルナンバーを印字することも可能です。QRコードなども印刷することができるだけではなく、個人情報の可変印刷ということもできるようになっています。要望があれば、さまざまなものを変化させることができ、ハガキ以外でも印刷していくことが可能です。
チラシやパンフレットを作ることもできるようになっており、フリーペーパーなどでも活用ができることを考えれば、多くの可能性を持っている印刷方法といえるでしょう。また、フォントを変えるといったこともできるようになり、心理的にも効果をあげることが可能です。DMに使うことによっても、効果を高めることができます。コンサートチケットのように、ひとつひとつが異なるものになるような状態であっても、対応することができます。

さまざまな加工方法とも組み合わせができる


次世代印刷ともいわれているのが、バリアブル印刷です。さまざまな加工方法と組み合わせることもできるため、くじ引きのようなこともできるようになっています。最大の特徴ということでは、バリアブル印刷は大量の印刷物に対してすべて異なる内容を印字するということができ、こうしたメリットを生かしていくことができるということです。ファイルデータもいろいろと作ることができますが、指定した内容を抽出しながら印刷物の一部に印字できるからこそ、こうした活用ができるようになりました。
差し込み印刷と呼ばれているのも、こうした可変性を持っているからです。一部の差し替えということでは、今までの印刷では非常に難しい側面を持っていました。差し替えながら細かく対応することが難しかったのが印刷ですが、宛名も文言も可変させることができるため、テンプレートに合わせて対応を進めていくことも可能です。
バリアブル印刷は、そのまま使うだけが効果をあげる方法ではありません。シールにも印刷することができるため、商品ラベルに活用することができます。商品管理をする方法ですが、種類に合わせて一定枚数の印刷をしていくことができるため、分類も簡単にできるようになるでしょう。カテゴリー単位で作っていくこともできますし、単価ごとに合わせていくこともできます。データベースに収めることができれば、さまざまな利用ができるようになるため、こうした管理も可能です。もっと簡潔に識別マークなどを作っていけば、分類もできるようになっていくでしょう。病院や図書館といったところでも利用することができるため、もっと大きな枠組みでの利用もできます。ミシン目などを入れれば、チケットにも活用できるでしょう。切り離しができるようになるため、ナンバーをバリアブル印刷にすることによって、多くのことに対応が可能です。

短納期で安価な印刷方法


バリアブル印刷は、データで管理していく印刷方法です。管理する方法がデータというデジタルになることで、価格を抑える効果が出てきます。オンデマンド印刷の場合、一般的な印刷方法とは違い、データを作りさえすれば、そのまま印刷していくことが可能です。非常に短時間で印刷に回すことができることが、価格に大きな影響を与えます。感覚ということでは、パソコンからプリンターに出力するかたちに近い方法です。小部数でも対応させることができる方法であり、料金も抑えることができます。実際にバリアブル印刷は、細かく変えていくところにメリットがあるため、何万分も印刷することは少ないでしょう。一般的な印刷量であれば、確実に価格の有利さを利用していくことができます。
以前は品質に問題があったのがオンデマンド印刷でした。印刷精度的に劣る部分がありましたが、機材の進化により、品質は驚くほど向上しています。その結果のバリアブル印刷であり、品質を重視するような印刷物でも十分に対応することが可能です。
カラーコピーレベルであったのは過去の話であり、日進月歩で進化した結果、利用制度としても十分なところまでにきています。さらに、納期が短いところも利便性が高いです。入稿もオンデマンド印刷の場合には早くなりますし、印刷までの工程が少なくなっていくことにより、驚くほど仕上がりが早くなるのですから利用価値が高いといえます。