可変で宛名印字をしよう

可変で宛名印字をしよう

可変での宛名印字について



可変で宛名印字をすることをバリアブル印刷と呼ばれますが、可変で印字を行う機会はたくさんあります。例えばそれぞれの人に違った情報をお伝えする時です。DMを制作する時に可変印刷が行われます。実際にDMは宣伝目的で郵送しますが、郵送する宛名がそれぞれの人で異なります。一般的な印刷方法で異なった名前を印刷する場合、1枚印刷をしたらその後に宛名部分を書き換えて再度印刷することになり、手間がかかります。また、印刷する度に書き換えをすることになるのでその分、時間もかかります。そのため、企業の中にはDMの作成に負担を抱える人もいます。しかし、バリアブル印刷では登録しておいた名前を1枚ずつ買い換えることなく印刷することが可能なため、多くの人に発行しなければならないDMの印刷などに適しています。バリアブル印刷であれば、手間が少なくなり、制作の負担を和らげることができます。

また、企業の中にはターゲットに合わせた商品を紹介したいと考えるところも少なくありません。例えば、女性にDMを発行する時はコスメ商品を紹介し、男性にDMを発行する時は男性用の化粧品を紹介したいと思う場合も少なくありません。もし一般的な印刷方法であれば情報を書き換えなければならないですが、バリアブル印刷ができれば、ターゲットに合わせて情報を配信することができます。そのため、ターゲットに興味を持ってもらえそうな内容でDMを発行することができます。

DM以外にも、あいさつ状を挙げることができます。例えば企業の中には定期的にクライアントや普段からお世話になっている会社に新年の挨拶などをしなければならないところもあります。基本的に宛名はそれぞれのクライアントや企業で異なります。あいさつ状だけでなく、販売促進を目的としてノベルティなどにも活用されています。

また、可変で印字をする必要があるくじなどにも活用されることが多いです。例えばくじによっては1枚1枚全て異なる数字やコードを印字しなければならないケースもあります。もし一つ一つ異なるコードをバリアブル印刷以外の方法で行おうとすると時間がかかりますが、バリアブル印刷であればこのような全てのコードが異なるくじの制作に活用することができます。このように利便性が高く魅力が多いので様々な場面で活用され、企業の中には欠かすことができないと感じる人も多いです。



印字できる商品の種類について



可変で印字できる用紙の種類は豊富にあり、実際に知っておくことでこれからDMを取り入れることを検討している人や、くじをイベントで導入する人は参考にできます。

まずは圧着くじです。圧着くじは二つの紙が圧着されており、めくることができます。実際にこれはくじの時に活用されています。内部に当たりやはずれの文字を印字しておき、抽選をする人がそれをめくって抽選結果を知ることができます。剥がす時にはワクワク感を感じることができる人も多く、イベントの抽選の時に活用されています。また、印刷会社の中には三角くじなども扱うところがあるので、豊富な商品を扱っています。

その他にもチケットを内臓できるDMもあります。例えば割引券などをその中に入れて店舗へ足を運ぶことを促したりすることができます。チケットとDMを別々で郵送するよりもまとめて送ることができるので、送る側にメリットがあります。また、受け取る側もめくるだけで商品券や割引券を取り出すことができるので、手間が少ないです。

スクラッチも印字できる用紙の一つです。スクラッチは硬貨で抽選結果などを確認することができ、実際に宝くじなどでも販売されているので、見たことがある人も少なくないでしょう。三角くじや圧着くじと同様に抽選の時に活用でき、徐々に抽選結果を知ることができるので、削る時に楽しさを感じる人も少なくないです。



宛名印字を可変でできる印刷会社を探そう



印刷会社は日本には複数あり、実際に選択に迷う人も多いため、印刷会社の選び方を紹介します。選ぶ際にはどのような目的で宛名印字をするのかを考えます。例えばDMを郵送するために宛名を印刷したい人もいるでしょう。また、販促イベントを開催するので、くじを取り入れてそれぞれ異なったコードを印刷したい人もいます。目的を知ることで必要な商品がどのようなものなのかを知ることができます。

必要な商品を理解することができたらそれを取り扱う業者をリストアップします。リストアップすることができたら料金の比較を行います。比較をすることでどのような印刷会社が他よりも安価な値段で対応してくれるのかを知ることができます。また、値段だけでなく企画、制作実績の確認をします。たくさんの利用者がいれば既に利用した人がいるので安心できます。また、実績ではどのようなものを制作したのかを知ることができるので、選ぶ際に参考にすることができるでしょう。