圧着クジを広告代理店が利用することが増えている理由

圧着クジを広告代理店が利用することが増えている理由

集客力アップの方法


集客力アップのために圧着クジを各種イベントで活用する広告代理店が増えています。集客力アップに特に威力を発揮するのがスピードくじです。きれいにはがれないとこれまで言われていたものも多かったのですが、最近では気持ちよく、あっという間にきれいにはがせるということで人気となっています。当たるか当たらないかというところにワクワク感がありますので、それが結果として購買力のアップになるので、その効果を期待する広告代理店が増えてきています。
そのように圧着クジを作っていけばわからないという場合にはテンプレートが用意されていることも多いので、それに準じて作っていけば、良いことになります。指定のサイズもきまっていますので、特に問題が無ければそれを活用すれば低価格で作り出すことができるようになります。抽選番号などはお好みの形式で印刷することも可能です。どのようなタイプの物でも発注可能ですので、昔ながらの三角タイプの物も発注可能です。こちらもデザインが既に用意されていますので、それを活用することもできます。
集客力をアップし、さらにはお客様の購買力を高めることができれば一石二鳥ということになるでしょう。それは、決して難しいことではありませんし、高額な費用がかかるものでもありません。簡単な方法で成し遂げることができるものなのです。商品についての問い合わせを電話で行うこともできます。自分の希望の商品になるように何でもリクエストしてみるといいでしょう。デザインは言うまでもありませんが、印刷技術を駆使してカラーバリエーションに富んだ商品を用意してくれることになるはずです。DMで商品を送ってもらうようにすると経費の節約になりますので活用してみるのはお勧めです。

スクラッチタイプのクジ


圧着タイプのクジを集客のために各種イベントに用いる広告代理店が多いのは事実ですが、一方でスクラッチタイプの物も多くのショップが集客のために活用しています。スクラッチタイプの物の利点はごみが出ないタイプの物があるという点です。これまではごみが出るということで美容関連のショップや飲食店などでは採用されることが無かったのですが、最近ではごみが出にくいということで多くのショップで採用されるようになってきています。
また、従来のものに比べてごみが出ないタイプの方が価格的に安いという点も話題となっています。さらには簡単にそしてきれいにスクラッチできるということも人気の秘密になっています。スクラッチタイプの物は年賀状などにも応用されるようになっています。お正月にスクラッチを楽しむことによって年始の購買力をアップさせることが期待できるということで人気を集めています。必要に応じてシリアルコードと対応させることも可能です。
単にスクラッチを付けるだけでなくて年賀状の宛名書きも依頼することができるのでとても便利です。年賀状やクリスマス、バレンタインなど各種のイベントに合わせて商品を作ることによって、送られた側の買いたいという気持ちを向上させるために大きな役割を果たすようになっています。スクラッチの形式や年賀状の印刷のバリエーションなどは商品を依頼する際に相談可能ですので、相談してみるといいでしょう。初めて商品を作るという場合には、テンプレートも用意されていますので、それをもとにちょっとアレンジしてみてもいいでしょう。

スマホ対応のクジ


圧着タイプのクジが多くの広告代理店で使われて大きな集客を呼ぶことになっていますが、それと合わせるようにスマホタイプも話題と人気を集めています。自分の持っているスマホで当たりはずれを楽しむことができる点が最大の魅力といえます。当たるか外れるかという感覚がその商品を買いたいと思う気持ちに意外とつながっていきますし、スマホの中で電子的に行われるので、ゴミがでないという点が大きな魅力となっています。環境に優しいという点が昨今のトレンドですから、スマホの活用は今後も大いに推奨されるものとなっていくでしょう。
スマホ対応というと導入が難しいと考えてしまうかもしれませんが、QRコードを読み込むことによって、それぞれの方がご自分のスマホでダイレクトにクジにアクセス可能となりますので、使用法はとても簡単です。またタップするだけで基本的に当たりか外れかを知ることができますので、誰もが楽しめる仕様となっています。当たりの場合にはご自分のスマホから連絡をすれば指定の住所に景品が送られてくるシステムとなっています。
基本的にスマホ対応の商品は専門の業者が作成してくれますので、どんな業種の方であっても採用可能です。また、デザインなどはいろいろなパターンがありますので、自分の商売のイメージに合わせたものを選ぶことができます。また、希望のデザインがある場合には、それをもとにスマホ対応の商品を導入することも可能です。商品についての問い合わせは、電話を用いて行うことができますので、積極的に問い合わせてみるのもお勧めです。