圧着DMを使えば販促効果をアップできる理由とは

圧着DMを使えば販促効果をアップできる理由とは

圧着DMは販促用のツールとして最適


企業が自社の宣伝を行うときには広告を出すことが一般的ですが、圧着DMを使用することでかなりの販促効果が見込めます。圧着DMとは、用紙を何度か折って中面をニスなどで貼り付けたダイレクトメールのことです。最近はSNSやネットの広告などが普及しているため、多くの方がインターネット上で販促活動を行っています。しかし、それだけ競争が激しくなっているということで、思うような効果を出しにくくなっています。一方圧着DMであれば、昔ながらの手法ですが、普段からネットを活用しない層にも効果的にアピールできますし、一度は目を通してくれる可能性が高いです。
圧着DMは、基本的に顧客の郵便ポストに届く物です。多くの人は一日に一度は郵便物が届いているかどうかを確認するので、圧着DMが届いていればまずその存在を気に留めてくれます。中身が見えないようにのり付けされているので、中身を見たくなる欲求を刺激してくれます。そのため、中身を開けて確認してくれることが多く、そのまま捨てられるということはあまりありません。
一般的な広告はそもそも存在を認識してもらえないことがあったり、ネット上の広告の場合は気になる内容であればクリックするだけだったりという簡単な手法ではありますが、最近はユーザーの方で表示をブロックできる機能があります。せっかく広告を出しても、ユーザーの目に留まらないというケースも少なくありません。一見DMはアナログな手法に見えますが、自社からのお知らせを確実に顧客に伝えたいという目的を達成するには、かなり効果的な方法です。また、単価が安いことがメリットとして挙げられます。大量に作っても経費をとても安く抑えることが可能なので、コストパフォーマンスが非常に良い方法です。

圧着DMが販促効果をもたらす理由


圧着DMを送ることで販促効果が期待できますが、その理由をさらに詳しく見ていきます。例えば、過去に自社に問い合わせた顧客や資料請求をした顧客、そしてセミナーに参加した顧客の元にお知らせを送ろうと思ったときに利用できます。ネット上で集客した顧客であれば、メールマガジンを送ってお知らせすることもできますが、最近は迷惑メールフォルダに直行するケースも多く、さらに顧客の元にも日々多くのメールが届いていることがあるので、読まれずにそのまま削除される可能性も考えられます。
圧着DMは、メールマガジンと違って物体として存在しているので、手に取って実際に見てもらうことができるという特徴があります。そのため、キャンペーンのお知らせやお得な情報をいち早く顧客の元に送りたいときに十分役立ちます。さらに、一度自社のサービスを利用した顧客をリピーターにするためにもとても有効です。季節のイベントなどを開催するときに、お知らせのためのダイレクトメールを送ることで来客を促すことができます。
圧着DMは、アイデア次第でいくらでも有効に使うことができます。また、ダイレクトメールと一緒に新商品のカタログやサンプルなどを送ることで、顧客に対して特別感を演出することもできます。企業が安定した売上を出すためには、ライフタイムバリューの長い顧客を作る必要があります。販促効果が高いだけでなく、長きにわたって企業に利益をもたらしてくれる顧客を発掘するためにとても役立ちます。初めて利用する際には、どのような物を送ればいいのかを製作業者と一緒に相談するといいでしょう。

圧着DMを利用して販促効果をアップさせるためのポイントとは


圧着DMを使って販促効果をアップさせるためには、できるだけターゲットを絞って発送するといいでしょう。不特定多数向けの内容にするよりも、年齢や性別などを絞った上で発送した方が、遥かに成約率がアップします。また、ターゲットを絞って発送することで製作費用もその分抑えることができます。圧着DM自体はあまり単価が高くないので大量に作っても安く済ますことはできますが、やはり無駄なコストをかけたくない企業は多いため、できるだけ成約率を高めることを考えた方がいいのは言うまでもありません。
発送するタイミングについても、しっかりと考えておく必要があります。リピート率が高い商品の場合であれば、顧客が前回注文した商品を使い切ったくらいのタイミングでダイレクトメールを送ることで、スムーズにリピートしてくれる可能性があります。顧客が購入を考えるタイミングをしっかりと狙って送ることで、高い成約率を出すことができます。そのためには、顧客情報をしっかりとリスト化して、無駄なくダイレクトメールを送るようにします。
圧着DMは販促効果がとても高く、さらに簡単に作ることが可能なので、起業したての時期や経費をあまりかけたくない企業にとっては利用価値の高い宣伝方法です。専門の業者であれば、たくさんの種類のダイレクトメールがあります。いつも同じ物ばかりを発送するのではなく、ときには趣向を凝らしたダイレクトメールを送ることで販促効果を上げることが可能です。