圧着DMを注文する際のチェック事項

圧着DMを注文する際のチェック事項

これから販促活動を展開するにあたって


企業の担当者として販促活動を行なうにあたっては、圧着DMなどのアイテムを活用することも検討すると良いでしょう。世の中には、圧着DMやスクラッチ、圧着くじなどの印刷サービスやマーケティングオートメーション、デジタルブックなどに関するサービスを提供している業者も多く存在します。中でも、販促活動に関する全般的なサポートだけではなく、業界内で積み重ねてきた豊富な実績と経験を活かして、一人ひとりの顧客にきめ細やかな対応をしているところは、幅広いシーンで活用することができるでしょう。
これからDMを活用した販促活動を展開するに際しては、注文時に利用する媒体の選び方も重要なチェックポイントになります。例えば、店頭への誘導を目的とするのであれば、チケットを内蔵したタイプの圧着DMを活用するのもおすすめの方法です。こちらの方法を実践する場合、特定のニスを使用することで鉛筆による書き込みやスタンプの押印が可能なDMを作成することも可能になります。
また、ダイレクトメールのデザインを作成するにあたって、経験が浅いために自信がないという方もおられるでしょう。そのような問題を解決するためには、ホームページ上で製品のテンプレートをダウンロードすることができるサービスもあるので、一度チェックしてみることをおすすめします。

圧着DMを活用した販促活動について


チケット内蔵型圧着DMは、V折り圧着DMの内部に、レスポンスツールとして独立したチケットが入っているものです。こちらは、貼り合わせてある部分をはがすだけで、チケットを取り出すことができるので、チケットを切り取る必要がなく、手間暇の負担が軽くなるというメリットがあります。そのため、受け取った人が、切り取りの作業を面倒に感じて、DMを捨ててしまうといったことも起こり得ません。また、ハガキとチケットが一体化した仕様となっているため、ダイレクトメールの作成にあたって、レスポンスツールを封入する作業が発生しません。このように、DMの作成にあたっての業務負担も軽くなるというアドバンテージがあるのです。
また、チケット内蔵型圧着DMを使用する際には、可変印刷の活用も検討することをおすすめします。可変印刷は、宛名はもちろんのこと、チケットにも行なうことが可能となります。例えば、宛名と連動した情報や管理・抽選を目的としたナンバーなどを印字することができます。その内、管理番号を印字するとチケットの管理にかかる業務負担が軽減されるという利点があります。そして、チケットにミシン線を入れることで、さらに幅広い活用シーンが見つかります。例えば、ミシン線によってチケットを2分割し、それぞれを招待券と割引券とすることも可能になります。そのように、チケットの活用方法にさまざまな工夫を凝らすことによって、レスポンスアップの効果を期待することのできるツールなのです。
また、圧着DMの活用にあたっては、使用するニスの種類もチェックポイントの一つです。ニスの中でも、UVニスはツルツルとした質感で光沢があります。その一方で、AQUAニスはしっとりとした質感で光沢がなく、鉛筆での書き込みやスタンプの押印が可能です。業者によっては複数のニスを用意し、注文者がダイレクトメールの使用目的に合わせて選択することも可能になります。

利用する業者の選定をする際のチェックポイントはこちら


専門の業者に圧着DMを注文するのであれば、利用する会社の選び方にも気を配ることが大切になります。例えば、入稿されたデータの受付に始まり、編集や印刷、宛名印字、各種加工、配送手配に至るまで、オールインワンのサービスを提供している業者も存在します。このような会社であれば、データの入稿さえ済ませてしまえば、後は全ての作業を相手方の業者に一任することが可能になります。そのため、作業ごとに別々の業者を手配する場合と比較して、手続きにかかるエネルギーや時間、コストの負担が軽減されます。
また、ダイレクトメールの作成や発送を業者に依頼する場合、顧客のプライバシーデータなどを提供する必要があります。そのような場面で、セキュリティ上のリスクを軽減するためには、複数の業者を手配するよりも、ワンストップサービスを手掛ける業者を利用した方が有利になります。そして、ワンストップサービスを提供する会社は、作業を外注することがないので、他社との調整やスケジュール管理を行なう必要がありません。そのため、時間を節約し短納期での発注に対応することができるというアドバンテージもあります。
その他に、DMを発送する際には郵便料金の負担金額にも気を配る必要があります。専門の業者に発送代行を依頼すれば、カスタマーバーコード付加や郵便番号区分など、郵便料金を安く済ませるための方法も提案してもらうことが可能です。