特殊印刷の種類にはどんなものがあるのか?

特殊印刷の種類にはどんなものがあるのか?

特殊印刷の種類


印刷会社に印刷を依頼する際に、特殊印刷で依頼をする企業も多くあります。特殊印刷にはいくつかの種類がありますので、違いを理解した上で注文をすることが大切です。まず、通常の印刷と特殊な印刷との大きな違いは、印刷物の違いにあります。通常の印刷は、各種サイズの用紙に印刷を行っていきますが、特殊な印刷の場合は、印刷をする用紙が、通常の印刷とは異なる点が特徴です。変わった形、変わった材質の素材に印刷をしたり、そもそもの印刷方法が異なる事も多くあります。
次に特殊な印刷の場合は、大量印刷というよりも、個数を限って印刷する傾向があります。依頼内容によっても異なりますが、特殊タイプはどうしても値段が高くなる傾向があるため、大量印刷には不向きです。何らかの希少価値のある印刷に限り、特殊な印刷を利用する方が多い傾向となっています。
特殊印刷には大きく分けて、型抜き印刷とフォトブック印刷の二種類があります。型抜き印刷は、通常の四角の用紙に印刷をするのではなく、様々な形の用紙に印刷が可能です。特殊タイプの為、通常の印刷機では対応出来ないようなタイプでも、しっかりと対応する事が出来ます。
また、フォトブックタイプは、その名の通り、写真集などを印刷できるタイプとなっています。思い出を鮮明に、より美しい状態で残しておくことが出来るタイプとして、人気が有る種類です。
どちらの種類も非常に人気があり、様々なケースで重宝されています。通常印刷とは違って、少し特殊なタイプの印刷をすることが出来るのが、特殊印刷の特徴ですので、用途に合わせて便利に利用する事が出来ます。何か特別な事がある時にこそ、利用したい印刷方法です。

ユニークな型抜き


特殊印刷の種類の1つが、型抜き印刷です。こちらはその名の通り、様々な形の用紙に印刷が出来るタイプで、イベントごとや催し物の際に、利用される事が多いタイプです。型抜き印刷は例えば、飲食店用の特殊ポップとして、ビールなどの形をしたポップに、ビール柄の印刷をするなど、アイデア次第で様々なデザインを作る事が可能です。依頼するお店によっても異なりますが、通常印刷よりもある程度サイズが大きい、サイズが小さいタイプの印刷も、受け持ってくれる場合も多くなっています。また、カラーバリエーションも豊富で、自由度が高いお店が多いのも特徴です。
更に、型抜き印刷には、返信はがき付きうちわやネックポップなど、イベントごと等でよく利用されるタイプのアイテムも含まれます。ダイレクトメール発送の際などに、返信はがきつきうちわは非常に重宝され、特に夏場などのシーズンは、非常に人気があります。
ネックポップは、ペットボトルなどにかけられるタイプのポップで、こちらの印刷も受けてくれる印刷会社もあります。こちらも特殊印刷の1つとして、積極的に取り組んでいる業者は少なくありません。オリジナルタイプを作る事も出来ますので、企業の持ち味を出したい、オリジナルロゴを印字したいという時などにも重宝します。耐水性もバツグンで、使い勝手の良い特殊印刷をしてくれる所も多いのが特徴です。
このように、特殊な印刷、型抜き印刷タイプは、非常に様々なタイプがあることで知られています。アイデア次第で様々な種類の印刷をすることが出来るのが、こちらの魅力です。

フォトブックも


特殊印刷にはもう一つ、フォトブックの印刷をしてくれる企業もあります。フォトブックはいわゆる写真集ですが、思い出の写真を送って依頼をする事で、素敵なフォトブックとして思い出を残しておくことができるのです。
フォトブック印刷の際には、非常に高画質で印刷をしてもらえる事を始め、製本で一冊のきちんとしたフォトブックを作る事が出来ます。フォトブックのサイズやページ数、用紙の種類にデザインなど、細かい部分も指定することが出来ますので、世界に1つだけのオリジナルフォトブックを作れるのではないでしょうか。
例えば、フォトブックにも色々と種類がありますが、結婚式などのイベントを始め、お子さんの成長をつづったフォトアルバムまで、利用方法は自由自在です。写真はたくさん残っているけれど、アルバムにまとめるのが大変だからどうにかしたいとお考えの方に、フォトブックの特殊印刷はおすすめです。
加工方法などは依頼する企業によっても異なりますが、ハードカバー製法でラミネート加工な所も多く、非常に丈夫な作りが特徴です。長期間保管していても安心の製法を用いている所が多く、見た目も非常に高級感がありますので、大切な思い出を残すには最適な方法です。
また、ワイドビューで広々と、高画質の写真を残す事も出来ます。お気に入りの一枚があったら、サイズを指定して、大きく見開きで残しておくこともできる企業もあります。美しい景色や、記憶に残る大きなサイズの記念写真を撮った時などにも、ピッタリの方法になります。