販促物の印刷方法やデザインのコツについて

販促物の印刷方法やデザインのコツについて

DMなどによる販促活動の展開にあたって


ダイレクトメールなどを活用して販促活動を行なうにあたっては、マーケティング戦略の策定から企画の立案、デザイン制作に至るまで、それぞれのステップに気を配る必要があります。そのような場面では、然るべきコツを押さえた上で実際のアクションを起こすことが大切になります。
ただ、DMなどによる集客活動を展開したいという気持ちはあるものの、具体的な方法や、効果を高めるためのテクニックが分からないために、実行に移せないでいるという方もいらっしゃるのではないでしょうか? そのような問題を解決するためには、専門の業者にサポートを依頼するのも方法の一つです。
中でも、業界内で豊富な実績を積んできており、多数の経験に裏打ちされた確かなノウハウを活かしてサービスを提供してくれる会社は、利用価値が高くなります。また、圧着ハガキや圧着DM、可変・UV印刷、スクラッチ・三角くじ、圧着くじ・型抜き加工・エンボス、マーケティングオートメーション、デジタルブックなどの情報関連サービスや販促活動のことであれば、何でも相談に乗ってくれる業者は、幅広いシーンで活用することができます。
これからDMなどで販促活動を行なう場合、印刷方法の選び方にも気を配ることをおすすめします。ひと口に「印刷」と言っても、その方法にはさまざまなバリエーションがあります。そのような状況の中で、効率的な集客活動を展開するためには、一つひとつの方法の特徴を理解し、自分の適性やニーズ、希望条件に照らし合わせた上で、適切な判断をすることが大切です。

印刷方法やデザインのしかたの種類について


同じ内容の情報を掲載するにしても、印刷の方法やデザインのしかたのコツをつかみ、工夫を凝らすことによって、広告物の集客効果を高めることが可能になります。
例えばその一つとして、「バリアブル印刷」と呼ばれる方法を導入するということが挙げられます。こちらは、「可変印刷」とも呼ばれ、元となるデータを用意することで、一枚一枚内容の異なる成果物を作成することのできる方法になります。従来のように、版によって固定的な内容を印刷する方法と比較して、幅広い活用シーンが見つかるというアドバンテージがあります。こちらは、「VDP」・「VIP」という呼び方もあります。それぞれ、「Variable Data Printing」・「Variable Information Printing」の頭文字を取って省略した呼称になります。
バリアブル印刷を活用すれば、販促物に宛名やシリアルナンバー、QRコードなどを掲載することも可能です。そのように、一人ひとりの顧客に合わせてカスタマイズすることで、広告物にスペシャルな印象を演出することもできます。
また、ハガキやチラシ、パンフレット、フリーペーパーなど、さまざまな媒体に活用することが可能です。そして、フォントの種類を変更することにより、ターゲットとなる顧客層に与える心理的効果を高めることも可能になります。

バリアブル印刷の導入にあたってのチェックポイント


自社の販促効果を高めたいと考えるのであれば、集客方法のコツをつかみ、実践することが大切です。例えば、バリアブル印刷は、データを元に、一枚一枚異なる内容・デザインの成果物を作成することのできる技術になりますが、こちらは単体で利用するほかに、他のさまざまな加工技術と組み合わせて使用することも可能です。
例えば、くじ引きのように、一部のみ異なる内容の印刷物を作成するために適しています。また、バリアブル印刷をほどこしたシールを作成し、商品ラベルとして活用するという選択肢もあります。こちらの方法を実践すると、商品の種類やカテゴリ、単価といった条件ごとの分類が容易にできるようになり、商品管理にかかる負担が軽減されるというメリットがあります。その他に、ミシン目を入れ、チケットのナンバリングなどに活用することもできます。こちらは、切り離しが可能になるため、活用シーンがさらに広がるでしょう。
先ほども述べたように、バリアブル印刷を行なうためには、元となるデータを用意する必要があります。そのように、デジタル化された方法であるため、従来のアナログの手法と比較して、作業にかかるエネルギーや時間、コストの負担が軽くて済むというアドバンテージがあります。元のデータファイルさえ手元にあれば、パソコンからプリンターに出力するような感覚で作業を行なうことが可能になります。
また、作業にかかる負担が軽減されれば、小ロットの作業にも対応しやすくなるというメリットがあります。さらに、業界内の技術革新が進んだことにより、作業の精度や品質も向上してきています。これから販促活動を始めようと考えている方には、そうしたさまざまなメリットのあるバリアブル印刷の導入も検討してみることをおすすめします。