進化している特殊印刷で加工する技術

進化している特殊印刷で加工する技術

進化を続けていく印刷の技術


印刷というものは、常に進化を続けています。生まれてから、時代とともにさまざまな技術が生まれ、加工技術も進化してきました。その中で、多くの特殊印刷も生まれてきています。生活の中で必要になってきて進化した場合もありますし、装飾技術として進化したものもあります。
印刷ということでは、現在のオンデマンド印刷であるデジタル的な手法と、版を使って印刷するアナログ的な手法が存在していることを理解しなければいけません。印刷機といえば、もっとも古い凸版印刷、逆の凹版印刷もあります。高精度の印刷ができる凹版印刷は、グラビア写真などでも使われているため、見かけることも多いでしょう。凹凸を使わない平版印刷や一般的に利用されるようになったオフセット印刷もあります。一般的ではありますが、4色構成でおこなうオフセット印刷は、特殊印刷はできません。方法が異なる孔版印刷は、シルクスクリーン印刷としてもよく知られています。
アナログ印刷に比べて、プリンターを使用するインクジェットは、家庭用でもよく知られている方法です。圧力や熱を加えてインクを溶かし印刷する方法であり、工業用のものは、高い精度を持っています。
レーザープリンターは、トナーを使う方法で、感光体と静電気を使い、熱で転写していく方法です。
単純にこれだけの種類があり、印刷物に合わせて使われています。そのほかに特殊印刷があるということでは、まだまだ利用方法に広がりがあるといえるでしょう。

いろいろとある特殊印刷


一般的に言われる特殊印刷とは何かといえば、箔押しがあげられます。名刺などでも使われるようになりましたが、一般の印刷方法では表現することができない箔を使う方法です。キラキラとさせることができるようになるため、ゴージャス感を出していくとともに、迫力を作り出すことができます。名刺でも見られるように、ワンポイントで入れるところに価値がある方法です。全体にすることもできますが、メリハリがきかなくなってしまいます。華やかであり、さまざまな色も使えるようになりました。ホログラムを使うという方法もとることができるため、バリエーションの豊富さから利用価値が出てきます。
特殊印刷の中でも、透明インクを使う方法が、クリアトナー印刷です。つやを出すことができる方法であり、立体感を出すためにインクの量を増やすという方法も取れます。ラメを入れれば変化もつけられるため、これも特殊な加工方法です。
実際に白を使う印刷方法が、ホワイトトナー印刷になります。白を使うということ自体が特殊であり、黒い紙に印刷することが可能です。発色をしっかりさせることができるようになることから、紙の色を考えずに印刷できる特殊な方法といえます。インクの違いということでは、蛍光インクも特殊印刷です。紙を凸凹にして加工するエンボス加工も一般的な特殊印刷といえます。

3D印刷でもあるレンチキュラー


加工方法として、かなり特殊なものもあります。
中でも、レンチキュラーは、特殊な加工方法でしょう。印刷は、紙の上に行うものであり、どんな形にしても2次元でしかありません。そこに疑似的な奥行きを作り出すことができるのが、レンチキュラーです。見える角度によって違いを生み出していく方法で、見る角度を変えるとアニメーションのように見える特殊印刷になります。凸レンズが複数あると考えるとわかりやすくなりますが、レンズと視点の移動によって、変化が起きているように感じるのが特徴です。かまぼこ状に加工していく印刷方法であり、この本数と密度、凹凸具合によって、精度を高めていくことができます。
精度が高くなれば、効果は出やすくなりますが、それだけ印刷技術が高くなければできません。技術的な限界も存在し、疑似的な立体感ということを超えられないことも出てきます。細かくするだけが方法ではなく、切り替わりのタイミングなどをコントロールしてみることも必要です。3D印刷と呼ばれることもありますが、専用のソフトによって加工していくことによって、精度も高さも変えていくことができます。これにより、さまざまなものを印刷することができるようになり、動きもダイナミックに見せることも可能です。メッセージ性を高めていくこともできますし、リアル感を作り出していくこともできます。
専用のソフトによって制御されるオンデマンド印刷であるということでも、バリアブル印刷を組み合わせて加工する方法も可能です。この方法をとることによって、1枚ずつ異なる印刷をすることができるようになり、訴求効果の高い印刷物も製作可能となるでしょう。バリアブル印刷にすることによって、一枚ずつ違った文字や絵柄を入れることもできますし、立体的に見せることも可能です。訴求ということを中心に展開することができる印刷になることからも、利用価値が高い方法といえます。