重要度の高い内容に圧着ハガキ

重要度の高い内容に圧着ハガキ

加工法によって変わる圧着ハガキ



集客について考えた時、さまざまな方法が考えられます。ダイレクトメールもそのうちの一つですが、さまざまな工夫をしていかなければ、開封してもらえるものにできません。開封をしてもらうことができなければ、どんなにいいものを作っても効果は出てくることがなくなってしまいます。そこで活用されるようになってきたのが圧着ハガキです。ダイレクトメールとして考えた場合には、とても重要度の高い加工方法であることは間違いありません。

加工方法によっていくつかの方法に分けることができ、先糊圧着方式と後糊圧着方式といった順番による方法もあれば、使う素材による違いであるフィルム圧着方式やUV圧着方式があります。どの方法を使うのかは、どんな内容に使うのかなどによって選択が変わってくるため、内容をよく考えていかなければなりません。

圧着ハガキを使う場合、簡単にはがれては困るものも出てきます。請求書といったものは、重要度の高いものであり、郵送する場合に見られては困ってしまうものになるでしょう。個人情報といったこともありますし、利用履歴といったことが外部に漏れてしまえば、大きな問題になってしまいます。そこで、はがれにくいものを使っていくことによって、内部の情報を保持しやすくなります。また、つやを出して美しく見せたいのであれば、フィルム圧着を使うのが一番です。中の情報の重要度よりも情報量を重視する場合は、ニスを使うタイプを選ぶといった選択肢が出てきますので、細かに検討をしていく必要があります。



重要度が高い場合にはしっかりと封をしよう



重要度の高い中身になってくる場合、一般的なハガキに印刷して送れば丸見えになってしまいます。圧着ハガキを利用すれば、目隠しをすることができるようになり、開封するまで見えません。仮に開けられてしまったりしても、二度と接着をすることができないため、秘匿性の高いハガキにすることができるでしょう。

全体に糊付けをすることになるため、簡単に中身を見られることがなくなります。ダイレクトメールで利用をすると、簡単に開けることができないことから、中身が気になるという効果を付加することができるようになるのも大きいでしょう。折り方によっては、3倍の情報量まで記載することができるようになるため、開封率を高めることができるようになります。圧着の方法によっては、鉛筆でも書き込むことができるようなAQUAニスを使った方法もとることができますが、光沢を高めるのであればUVニスがいいでしょう。使い方次第で効果を変えていくことができるので、どんな内容にするのかということを考えて選んでいく必要があります。

重要度がそこまで高くないような場合には、ふちのり圧着でいいでしょう。コストを落とすことができる方法になりますが、これは全面的にニスを塗布することがないからです。書き込みをするのも簡単で、ダイレクトメールとして考えた場合には使いやすい方法と言えるでしょう。多くの情報を記載しながらもコンパクトにして送ることもできますし、開封したいという気持ちをあおることもできます。コンパクトにすることで、送料も圧縮することができるため、有効な方法となるでしょう。



チケットを入れてダイレクトメールとして使う



ダイレクトメールとして、重要度が高いというのは、請求書などだけではありません。最近では、レスポンスツールを入れた方法も出てきました。内部にチケットを貼りつけておき、ハガキを開いたら切り取って使うことができるという方法です。

ダイレクトメールとして送付をすると、開けてもらう前に要らないものとして捨てられてしまう場合もあります。ところが、内部に何かが内蔵してあると分かると、とりあえず開封してみようと考えるはずです。そのために便利に使えるような特典を同封するという方法があります。チケットにしたり、引換券といったかたちのものにしたりしてみると、効果はさらに高めることができます。可変印刷もすることができるため、通し番号や抽選番号といったものを印刷すれば、さらに効果をあげることができるでしょう。自分だけに送られてきたものというイメージを与えることができるからです。

重要度が高い情報の伝達に用いることができるだけではなく、PP袋に入れたりする手間が要らなくなります。セットにすることで、さまざまな経費を削減することができるという点でも重要でしょう。ミシン目加工までできるようになっており、半券チケットにすることができます。販促品として、複数のチケットにすることもできますし、招待状と控えというかたちにもすることが可能です。非常に使いやすいかたちにできることからも、有効な手法と言えるでしょう。

圧着ハガキは、使い方一つで効果を変えることができます。どんな加工が合っているのか、求めるものはどんなことなのかも考えていくと、適切な方法が見つかるはずです。