DM作成ならバリエーション豊富なサイトを利用しよう

DM作成ならバリエーション豊富なサイトを利用しよう


DM作成に頭を悩ませる前に



会社や企業、イベント、商品のキャンペーン等、宣伝や告知の為に最適な方法を考えている方はたくさんおられると思います。宣伝方法といっても媒体は数多くあり、テレビCMのような大きな媒体から、雑誌や新聞の広告、チラシ、販促の配布、あるいはインターネット上での広告やメルマガ送付、様々な方法が存在していますので、どの方法が最も適しているのか簡単に答えが出せないかもしれません。スマホやパソコンを見ない日はない現代人にとって、広告を目にすることは日々当たり前になっていますので、見てはすぐに削除、あるいは記憶に残らずに流れていくということも日常的なこととなっています。

そこでおすすめする宣伝方法として、DMを送付するという手段があります。これなら、直接アプローチしたい相手に送ることが可能ですし、デザインや内容によっては興味を持ってもらいやすく、手元に長く残しておいてもらえる可能性があります。インターネットでの広告の場合は、簡単に削除できてしまう為に、後で見直すということもなく、一瞬で消えてしまいますが、この方法であれば工夫やアイデア次第で、広告としての効果を最大限発揮することができます。

インターネット広告は比較的安価で載せることができますが、何度も広告を出して、ほとんど効果が得られていないという会社は、今一度方法の見直しが必要です。全てがインターネット上でやりとりが行われている昨今だからこそ、あえて紙媒体で送ってみるという手段も方法の一つとして考えてみる価値があります。しかしながら、単純でつまらないデザインであれば、捨てられてしまう可能性が高く、インターネットの広告との差が出ないことになりますので、バリエーションの豊富なサイト等を利用することで、効果的なものを作ることができます。



賢く便利なサイトの利用がおすすめ



単純に宣伝したいことだけを印刷している場合には、おそらくインターネット上の広告同様に、一瞬だけ手にとり、見てすぐに捨てられる可能性が高くなります。では、手にとって、内容をしっかり見て、捨てずに手元に残してもらえるようなDMの種類とは、どんなものがあるのでしょうか。

もちろん、業者によって異なりますが、例えば圧着はがきを用いて、中に割引券やお得なチケットが同封されていたり、宝くじのように一枚一枚数字や記号を可変印字して印刷、あるいはスクラッチ型にして受け取った顧客の興味を引きやすくするようなものがあります。また、カレンダーにすることができたり、三角くじが入っていたり、QRコードを印刷して、スマホへ導入してくじを引けるようにしたりと、様々な方法を提供している専門業者がありますので、いろいろ調べてみると良いでしょう。

もちろん、バリエーションが豊富なサイトを選ぶことで、コストを重視した、比較的安価な圧着はがきで送るという基本的なタイプを選ぶこともできます。その中でも、水に強くツヤありのタイプ、縁糊タイプ、年賀状等を利用した季節の挨拶ができるタイプ等があります。あるいは、チケット内蔵型の圧着はがきやミシン目入りのはがき、サイズも自由に選ぶことができる大判圧着型や、さらに大きなブック型の冊子、卓上カレンダーにできるタイプ、書き込みが可能な材質を用いて、注文用紙やアンケートになるタイプ、スクラッチや宝くじが印字されているタイプ等、予算や目的に合わせて、顧客の興味を引くことができるようなものが揃っています。



インパクトのある広告作成をしよう



宣伝とは、工夫やアイデアによってその効果は大きく異なります。しかしながら、自社で考えるには限界があり、時間や費用を考慮すると、専門業者に依頼することで、コストパフォーマンスが高くなると考えられます。いかにバリエーションが豊富な商材を扱っているかを見て、信頼できる専門業者を選ぶようにしましょう。

印刷の質や対応はもちろんですが、データを作成するところから、郵便を送るまでフルサポートを提供している業者であれば、急ぎの依頼にも全て任せることができるので、手軽に発注できて便利です。いざというときのために、いろいろなサイトを検索しピックアップしておくと役立ちます。

また、デザインを考えることができない、あるいはデータ化することができないという場合にも、企画段階から相談できる業者があります。ゼロからの製作の場合でも、親身に対応してくれるサイトを選択することで、効果の高いDMを作成することが可能になります。自社での作成が難しいと判断される場合は、最大限サポートしてもらえるサイト選びが重要になります。サイト利用の必要があると考えられる場合には、前もって依頼しやすく、相談できるようなサイトを検索しておくことをおすすめします。

DMはアイデア一つでより高い効果を得ることもできますので、事前情報や利用できる手段を知っておくことが大切になります。他社との違いをアピールし、顧客に興味を持ってもらえるようなものを作成するように心がけましょう。