圧着DMの作成を行う【小松総合印刷】では様々な種類・大判のサイズをご用意~DM再送の法則について~

圧着DMの作成なら【小松総合印刷】へ
~様々な種類・大判のサイズをご用意~

圧着DMの作成なら【小松総合印刷】へ~様々な種類・大判のサイズをご用意~

圧着DMの作成を依頼しようとお考えの方は、【小松総合印刷】をご利用ください。【小松総合印刷】では、様々な種類大判のサイズをご用意しております。大判の圧着DMは展開A4が2枚分、A4が3枚分までのサイズに対応でき、書き込み可能なFAX用紙が内蔵されている圧着DMもあります。

また、小ロットで発送したい方に最適なフィルム圧着DM、可変印字で反応率を上げるチケット内蔵型圧着DM、簡単に切り離しが可能なミシン線入り圧着DM、冊子を送りたいという方にはBOOK型DMなど様々な圧着DMがありますので、用途に合わせてお選びください。

圧着DMの印刷・宛名印字を行う【小松総合印刷】では変形の文字にも対応可!

圧着DMの印刷・宛名印字を行う【小松総合印刷】では、変形の文字やバリアブル印刷にも対応しております。データ入稿さえしていただければ、編集・印刷・印字・各種加工・配送手配まで全ての作業をお受けいたしますので、お客様に負担をかけることはありません。

特に加工には自信があり、バリアブル印刷されたものへの型抜き、帳合い対応、銀スクラッチ隠蔽後の数量管理などの際、強力にバックアップできます。全ての工程を自社工場内で行うことでセキュリティーの強化と短納期が可能ですので、まずはお気軽にお問い合わせください。

DM再送の法則を知ろう

DM再送の法則を知ろう

DM再送の法則とは、1回目の集客効果を100%とすると、2回目は1回目のおよそ50%、3回目以降はおよそ25%というレスポンスに収束するという法則のことです。

つまり、効果のあったDMは単発で終わらせることなく、一定期間の間隔をあけて繰り返し送ることが重要と言えます。また、同じ内容のDMを繰り返し送ることを「フォローアップDM」と言い、素材をそのまま使用できるのでコストを抑えたい時には最適です。

よりお客様とコミュニケーションを深めたいという場合、2回目以降はデザインを変えたり、新しい特典をつけたりなど様々な工夫をするのもおすすめです。

お役立ちコラム

圧着DMの作成をお考えなら【小松総合印刷】

会社名 株式会社小松総合印刷
住所 〒396-0029 長野県伊那市横山10955番地1
TEL 0265-72-3129
URL https://www.ko-ma-tsu.co.jp/
取扱製品 圧着DM 圧着くじ バリアブル印刷 宛名印字 発送代行 スクラッチ 圧着はがき