バリアブル印刷(可変印刷)

バリアブル印刷特設ページ開設の案内画像。DTPデータ、PPデータに対応し、氏名や住所、ナンバリングやイメージバリアブルにも対応。

バリアブル印刷とは?

バリアブル印刷とは、データをもとに文字・バーコード・画像などの印刷内容を差し替える印刷技術です。可変印刷とも呼ばれます。英語では Variable Data Printing(VDP)、Variable Information Printing(VIP)と表記します。
バリアブル印刷を活用することで、たとえば20万人の顧客に向けて、それぞれにおすすめする商品画像の組み合わせを作り、20万パターンのDM(ダイレクトメール)を発送することができます。

 

バリアブル印刷の仕組み

デジタル印刷機(オンデマンド印刷機)を使うことで、一人ひとりに印刷内容を変えることができるようになりました。
オフセット印刷機では、個別の内容を印刷するためには版を大量に差し替える必要があり現実的ではありませんでしたが、デジタル印刷の発展により特定の部分を差し替えて印刷することが可能になりました。

バリアブル印刷とは?詳しい解説はこちら

 

バリアブル印刷のメリット

バリアブル印刷は顧客ごとに最適な内容を印刷できるため、マーケティング施策のツールとして活用されています。また、会員チケットや商品券等にナンバリング印刷をすれば、管理面でも効果的です。

バリアブル印刷のメリットについてさらに詳しく

 

バリアブル印刷の活用事例

バリアブル印刷では黒1色のカスタマバーコードや氏名、ID/シリアル/パスワードなどだけではなく、グラフや商品画像などカラーへの対応も可能です。また、ハガキや大判など様々なサイズのダイレクトメールや、中綴じ製本の冊子など、色々な形状に対応でき、小ロットから大ロットまで様々な部数に対応いたします。

バリアブル印刷の事例についてさらに詳しく

 

小松総合印刷では、バリアブル印刷に関して非常に多くの実績がございます。マーケティング施策、印刷内容のご提案から印刷、発送代行まで、バリアブル印刷にかかわる一連のサービスをご提供しております。
案件のご相談、見積もり依頼、バリアブルデータの作成方法など、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

お問合せ、お見積り、データチェックなどのご相談はSDGsに貢献する小松総合印刷まで

 

バリアブル印刷の種類TOP

宛名印字

Z折のDMハガキに印字された可変宛名のイメージ図。バリアブルデータをオンデマンド印刷機で個別の内容を印刷できることを表している。

氏名、住所、会員番号などの宛名印字

宛名印字のバリアブル印刷

 

各種バーコード

QRコードが印刷された画像。バリアブルデータに基づいたJANコード、QRコード、ITF、CODE39、CODE128、NW-7、カスタマバーコードなどの各種2次元バーコードをイメージしている

JANコード、QRコード、ITF、CODE39、CODE128、NW-7、カスタマバーコードなどの各種2次元バーコード

各種バーコードのバリアブル印刷

→ QRコードのバリアブル印刷

ナンバリング(シリアル番号・ID)

台紙にID番号とQRコードが印字された印刷物の見本の画像。データベースにもとづいた内容をもとにticketや耐水はがき、箔押しなど個別に印刷して、圧着やミシン目のはいったはがきなどの印刷物で用いられる。ID番号を刷ることでticketの偽造防止にも役立つ

シリアル、パスワード、ID、会員番号、ナンバリングなど

 

写真・画像・イラスト

カラーバリアブル印刷による写真・画像の印刷物見本。DTPデータ、PPファイルを用いて写真の内容を個別に加工できることを説明している。

商品の画像も、カラーでバリアブル印刷することが可能です。
おすすめの商品、購入いただいた商品の画像など、一人ひとりに合わせてカラーバリアブル(可変)印刷することで、より訴求力の高いツールとなります。

カラーバリアブル印刷

 

グラフデータ

各種データからグラフを自動生成することができます。健康診断票、成績表、テスト・試験結果などの棒グラフ・折れ線グラフ・レーダーチャートなどで視覚的に訴求できます。

グラフデータのバリアブル印刷

 

バリアブル印刷の用途TOP

マーケティング施策や顧客関係構築など、様々な印刷目的でご利用いただいております。

…など

バリアブル印刷のデータ入稿についてTOP

バリアブル印刷の可変データは、Excel(CSV)でご入稿いただけます。
宛名、QRコード・バーコード、ナンバリングなど、個々のDM・ハガキで差し替えるデータやレイアウト、印字内容をエクセルファイル(CSV)でお送りください。

バリアブル印刷のデータ入稿について

 

IDやパスワード、QRコードなどバリアブル印刷は小松総合印刷へ

バリアブル(可変)印刷とは、一枚一枚に異なる情報を印刷する手法です。
例えば送り先の氏名や住所、シリアルコードなどが身近なバリアブル(可変)印刷としてあげられます。

一人ひとり異なった情報を印刷するため「貴方にだけ」という気持ちを盛り上げることができます。
コードやナンバリングだけでなく担当者の氏名、店舗名の差し替え、メッセージ文章のバリアブル(可変)印刷(パーソナライゼーション)も可能です。
カラーでのバリアブル(可変)印刷にも対応しておりますので、弊社ならではのご提案をさせていただきます。

顧客データの内容に合わせてカラー写真を自動的に差替えたり、個別のQRコードをバリアブル(可変)印字したりすることで、より訴求力の高いキャンペーンを実施することができます。
圧着ダイレクトメール・スクラッチなど様々な製品だけでなく、タック紙など紙以外の用紙とも組み合わせることが可能ですので、
既存販促施策の見直しにも是非ご活用ください。

 

お問合せ、お見積り、データチェックなどのご相談はSDGsに貢献する小松総合印刷まで

 

バリアブル印刷(可変印刷)の関連コラム