圧着DM(大判)の印刷を承る【小松総合印刷】は様々な種類・サイズをご用意~見やすいレイアウトのコツ~

圧着DMの作成・印刷を行う【小松総合印刷】は様々な種類・大判のサイズもご用意

圧着DMの作成・印刷を行う【小松総合印刷】は様々な種類・大判のサイズもご用意

圧着DMの作成・印刷を行っている【小松総合印刷】では、様々な種類やサイズの圧着DMをご用意しております。

通常可変印字で反応率アップを狙う「チケット内蔵型圧着DM」・手間がかからない「ミシン線入り圧着DM」・より多くの情報が記載できる「大判の圧着DM」・【小松総合印刷】オリジナル形状の「BOOK型DM」・鉛筆での書き込みや押印が可能な「FAX送信用紙内蔵DM」など、ご利用目的に合わせて選ぶことが可能です。

もし、どの圧着DMを選ぼうか迷っているのでしたら、遠慮なくご相談ください。お客様のご利用用途に合う最適な一枚をご紹介いたします。

圧着DMの作成を承る業者をお探しなら【小松総合印刷】へ

圧着DMの作成を承る業者をお探しなら【小松総合印刷】へ

圧着DMの作成を承る業者をお探しでしたら、【小松総合印刷】をご利用ください。【小松総合印刷】は、お客様のアクションを引き出すための様々な仕掛けを組み込んだ圧着DM・圧着はがきをご提案させていただいております。

人気の「チケット内蔵型圧着DM」をはじめ、「大判圧着DM」など、サイズもバラエティーに富んだラインナップをご用意しております。また、圧着DMは、「シルバースクラッチ」や「ダストフリースクラッチ」といった様々な技術と組み合わせて作成することも可能です。アレンジ次第で、さらなる反応率アップが期待できます。

顧客からの反応率アップを目指すのでしたら、【小松総合印刷】へご相談ください。お客様にとって最適なご提案をいたします。

見やすいレイアウトのコツ

 関連性のある内容はグルーピングする

関連性の強いものは、グルーピングしてまとめるようにしましょう。同じグループの情報を密接させ、異なるグループの情報を離して表示することにより、見やすくなります。

 フォントに統一感を持たせる

様々なフォントを使うと全体のまとまりがなくなってしまうので、フォントの種類も少なめにすることをおすすめします。見出しと本文でフォントの大きさを切り替えることで、見出しに注目が集まります。

 余白を作る

全体のレイアウトにおいて、余白は非常に大切な意味を持ちます。「文字と図」「文字と文字」の間にしっかりとスペースを入れることで、図や文字が見やすくなります。

 文章は左揃え

横文字の場合、基本的に文章は左揃えにすることをおすすめします。中央寄せなどは文の始まりが統一されていないので長い文章は読みにくくなってしまいます。

お役立ちコラム

圧着DMの作成を相談するなら【小松総合印刷】

会社名 株式会社小松総合印刷
住所 〒396-0029 長野県伊那市横山10955番地1
TEL 0265-72-3129
URL https://www.ko-ma-tsu.co.jp/
取扱製品 圧着DM 圧着くじ バリアブル印刷 宛名印字 発送代行 スクラッチ 圧着はがき