圧着ハガキの仕組み

圧着ハガキの仕組み

集客や販促活動には様々な手法がありますが、DMの発送はインターネットが普及する現代においても効果的な手法です。

DMの中でも圧着ハガキは、商品・サービスのこだわりを詰め込むのに適しています。圧着ハガキの仕組みを知ることで、DMとして優れている理由が見えてきます。

完全に密着している理由

圧着ハガキが完全に密着している理由、それは「UVニス」です。圧着ハガキを剥がした際、表面が透明なコーティングを施されたように見えることがありますが、これは圧着ハガキにUVニスを用いているためです。

用紙への印刷・印字後、接着面にUVニスを塗布して熱と圧によりニス層同士を状態変化させることで、圧着ハガキは完全に密着します。UVニスを含めた圧着専用の特種なニスだけが接着性を有しており、ニス全般が接着性を有しているわけではありません。 当社ではその他に書き込み可能なAQUAニスも取り扱っております。

一度剥がすと密着しない理由

圧着ハガキは、一度剥がしてしまうと二度と密着させることができません。その理由は、熱と圧による強力な力で圧着を行っているためです。人はハガキに対して圧をかけることができますが、その圧は機械に遠く及びません。

また人は、高い熱を放出することができません。こうした仕組みにより、圧着を行った圧着ハガキは人の力で密着させることができないのです。これが圧着ハガキの「一度だけ密着する」という仕組みになります。

めくって剥がすという圧着ハガキの仕組みには、送付されたお客様の好奇心を刺激し、開封率をアップさせる特性を秘めています。そのため、DMを使った集客・販促活動では、様々なシーンで活躍する圧着ハガキをおすすめします。

「圧着ハガキの作り方が分からない」「こんな圧着ハガキを送りたい」という経営者様や担当者様は、ぜひ弊社にご相談ください。弊社では大判サイズを含め、種類豊富に圧着ハガキの制作・印刷を行っています。
加えて、宛名印字や発送代行も承ります。短納期にも対応いたしますので、圧着ハガキの制作・印刷をお考えなら弊社にお問い合わせください。

圧着はがきの製品情報はこちらから!

定番圧着DM

会社名 株式会社小松総合印刷
住所 〒396-0029 長野県伊那市横山10955番地1
TEL 0265-72-3129
URL https://www.ko-ma-tsu.co.jp/
取扱製品 圧着DM 圧着くじ バリアブル印刷 宛名印字 発送代行 スクラッチ 圧着はがき