【開封率アップ】DMの効果測定と評価を知りたいなら

ダイレクトメールの施策でのお悩みとして、効果が分からないというものがあります。

Web検索でも「DM 効果」や「DM 開封率」などのワードで流入して来られる方も多いです。
詳しくお話を聞いていくと「効果がわからない」「反応が取れない」ことが一番のネックになっているとのこと。
ビジネスにおいてROIが分からない施策は致命的です。

たしかに従来のDMは送って終わりのものが多くを占めていました。
それには二つの大きな要因があります。

 

○業務の負担から
制作発送までで手いっぱいになり、送って満足してしまっていたパターン。

○紙媒体の特徴から
実物を手に取ることができ、高い訴求力を持つ紙媒体ですが、そのDMを見たかどうかはその人しか分からないパターン。

 

そこで活用するのがレスポンスツール付きDMです。
可変印字されたクーポン券をDMに付けることで、店頭などで回収した際にどなたが反応したのかが明らかになります。
また、返信用のFAX用紙を貼り付けておくことで、チェックをすればすぐ返信できるようにし、返信のハードルを下げます。このように回収したデータを購入顧客などの情報と紐づけることにより、利用価値の高いデータを得ることができます。
DM自体にレスポンスのとりやすい工夫を施すことにより、効果を測り、施策を成功させます。

チケット内蔵DM

小松総合印刷ではさらにその先の効果想定をご提案いたします!
デジタルとの組み合わせにより、詳細な効果想定を実現いたします!

紙ベースの効果想定では、購入に至らなかった「見込み客」の把握は難しい課題となっておりました。
そこで顧客の行動をトレースできるデジタル施策と組合わせることによって、見込みリストの抽出を可能にします。
ユニークなQRコードを用いてスマートフォンへとつなげることで、誰が・いつ・どのページを見ているのかが判明します。
そして、各アクションに点数を付ける(スコアリング)ことで、顧客の熱を見える化すれば販促費用を有効に使うことができるようになります。

DM施策は発送代も含めれば高いコストの掛かる施策ではありますが、手元にリアルな媒体を直接届けられるという大きな強みがあります。
だからこそ、送って意味のある顧客を見極め、送る必要があります。

顧客リストをひとくくりにするのではなく、それぞれの興味度合いを見極め、それぞれのステージに合った施策をご提案させて頂いております。
ダイレクトマーケティングでお困りのことがございましたら、弊社までお気軽にお問い合わせください。

btn-inquire

 

DMとマーケティングオートメーションを組み合わせました!

デジくじ

デジタル x アナログの動きが加速しています!ぜひ一度ご相談ください!

マーケティングオートメーション スマホで引けるクジ
定番圧着DM 店頭誘導型DM
カラーバリアブル印刷 圧着クジ
   
会社名 株式会社小松総合印刷
住所 〒396-0029 長野県伊那市横山10955−1
TEL 0265-72-3129
FAX 0265-73-6625
URL https://www.ko-ma-tsu.co.jp/
資本金 2,100万円
事業内容 総合印刷業兼情報発信業
取扱製品 圧着DM スクラッチカード 三角クジ 圧着くじ 可変印刷製品 バリアブルカタログ
代表者氏名 代表取締役 小松 肇彦
創立 1963年10月
従業員数 30名
取引銀行
  • 八十二銀行 伊那支店
  • 長野銀行 伊那東支店
  • アルプス中央信金 本店
アクセス
  • 中央道伊那ICより車で15分
  • JR飯田線伊那市駅より車で14分