DMの発送代行依頼は小ロットから対応する業者・小松総合印刷へ!料金を抑えたい方はご相談を DMによる行動喚起率

DM(ダイレクトメール)は、ハガキや封書などをユーザーへ送って行動を促す集客方法です。デジタル時代の現代、アナログなDMを利用する必要があるのか、疑問に感じる方も少なくありません。同じアナログの手法なら、DMよりも料金が抑えられるチラシを選択する方もいらっしゃいます。しかし、DMは現代においても効果的な販促方法であることがわかっています。

こちらでは、ユーザーの行動喚起率について解説いたします。

DMの発送代行業者へ依頼をお考えでしたら、ぜひご参考ください。小松総合印刷は小ロットのご依頼にも対応いたします。

DMによる行動喚起率について知ろう

high opening rate

DMの発送代行業者に依頼する前に、ユーザーの開封率や行動喚起率についても知っておきましょう。こちらでは、日本ダイレクトメール協会の調査をもとに解説いたします。

DMの開封率は57.7%

自分宛のもの、家族宛のものを含め、DMを開封して読んだという方の割合は57.7%でした。半分以上のDMが読まれているといえるでしょう。さらに自分宛のDMに限定すると、開封率は74.0%という結果でした。

自分宛DMの行動喚起率は16.3%

自分宛のDMを受け取った方のうち、インターネットで調べた、来店した、購入した、といった行動を起こした方の割合は16.3%でした。DMとホームページなどを組み合わせることで、ユーザーが行動を起こす可能性は高まるといえるでしょう。

小松総合印刷では、圧着ハガキタイプや大判タイプなど、様々なDMを作成しています。小ロットのご依頼にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。

開封率が高いのはどんな情報?

clothes

自分宛のDMでも、内容によって開封率は異なります。

日本ダイレクトメール協会によると、セール情報や試供品の案内情報、クーポン情報、イベント情報といったお得情報のDMは開封する方が多い、という結果が出ています。

「自分にとってメリットがあるかどうか」という点がDMの開封率に繋がっているのです。

そのためDMの開封率を上げるためには、封筒の表にセールの文字を入れるなど「お得な情報が記載されている」と一目でわかるデザインにすることが大切です。

小ロットのDM作成・発送代行に対応!料金を抑えてDM作成をしたい方は発送代行業者小松総合印刷へ

DMによるユーザーの行動喚起率について解説いたしました。DMの開封率を上げ、行動してもらうためにも、DMの内容やデザインにも注目することが大切です。

小松総合印刷では、DMの発送代行を受け付けています。圧着タイプやチケット内蔵型など、ご希望に合うDMの作成が可能です。デジタル印刷で必要な枚数だけ刷ることができるので、料金を抑えて作成することができます。小ロットにも対応可能です。

印刷から発送代行までワンストップで対応し、バルク仕分の自動化により配送料金の割引も実現いたします。料金を抑えてDMの発送代行を利用したいという方、発送代行業者をお探しの方は、お気軽にご連絡ください。

DMの発送代行業者を利用すれば、効率的に集客できます!

会社名 株式会社小松総合印刷
住所 〒396-0029 長野県伊那市横山10955−1
TEL 0265-72-3129
FAX 0265-73-6625
URL https://www.ko-ma-tsu.co.jp/
資本金 2,100万円
事業内容 総合印刷業兼情報発信業
取扱製品 圧着DM 圧着くじ バリアブル印刷 宛名印字 発送代行 スクラッチ 圧着はがき
代表者氏名 代表取締役 小松 肇彦
創立 1963年10月
従業員数 30名
取引銀行
  • 八十二銀行 伊那支店
  • 長野銀行 伊那東支店
  • アルプス中央信金 本店
アクセス
  • 中央道伊那ICより車で15分
  • JR飯田線伊那市駅より車で14分