【デジタル印刷】DM印刷を効果的に作るコツ!バリアブル印刷・QRコード付きDM・アンケートDMも

DMの開封率を上げたい、最後まで読んでもらえるDMをデザインしたい、という担当者様も多いでしょう。確かに、DMは開封して読んでもらえなければ、いくら印刷しても意味がありません。そこでこちらでは、効果的なDMをデザインするためのポイントや、圧着DMを開封したくなる心理について解説いたします。DMの集客効果をアップさせたい方は、ぜひご参考ください。

小松総合印刷では、紙とデジタルを融合したサービスをご提供いたします。デジタル印刷を利用すれば、一人ひとりに合わせたDMの印刷や無駄のない印刷が可能になります。

印刷前に知っておきたい!DMを効果的な作りにするためのデザインとは?

know before printing

いくら内容にこだわっていても、読んでもらえなければDMを印刷する意味がありません。こちらでは、すぐに捨てられることのない、効果的なDMをデザインするポイントをご紹介いたします。

読者が見る順序に合わせて情報を配置する

読者がチラシやDMを見るときは、基本的に左上から右下へ目を移動させながら読んでいきます。読者に重要な情報を伝えるためには、この目の動きを意識して、商品やサービスの内容を記載することが大切です。

左上にはキャッチコピーなどの読者を引きつけるものを配置しましょう。右下へ進むにつれて、商品やサービスの具体的な内容、料金、サイズ、連絡先、QRコードといった細かな情報を記載するのがポイントです。

写真やイラストで読者を引きつける

文字ばかりのDMは、読者に最後まで読んでもらえる可能性は低いでしょう。とくに記載する情報が多い場合は、図解イラストや商品写真などを掲載することが大切です。矢印や数字を組み合わせて、DM全体にストーリー性をもたせることも効果的な方法といえます。

他社のデザインと差別化する

DMが届いても読まずに捨てる、という方も多いです。多数届くDMの中から自社のものを読んでもらうためには、他社とは異なるデザインを取り入れることが大切です。封筒や紙質など、内容以外のデザインにこだわることも開封率アップにつながります。

小松総合印刷では、DM印刷を行っております。アンケートキャンペーンDMやQRコード付きのDM、1枚ごとに異なる情報を印刷するバリアブル印刷も可能です。デジタル印刷なので必要な枚数だけ印刷でき、コスト削減も実現します。まずはお気軽にご相談ください。

圧着DMを思わず開けてしまう人の心理とは?

psychology of a person

圧着DMは、開封率が高いDMとして人気があります。圧着DMは、開けないと中の情報を見ることができません。人間には、隠されているものが気になってしまい見てみたくなる、という心理があるため、圧着DMは開封される確率が高いのです。

ついつい福袋を買ってしまう、袋とじを見たくなってしまう、という心理と似ているでしょう。DMは開けてもらえなければ意味がありません。開封率を上げたい場合は、圧着DMの利用を検討するとよいでしょう。

小松総合印刷では、圧着ハガキや圧着DMなどの印刷はもちろん、アンケートキャンペーンDMやバリアブル印刷にも対応いたします。マーケティングのお手伝いも行っておりますので、お気軽にご相談ください。

アンケートキャンペーンDM・QRコード付きDM・バリアブル印刷などもお任せ!DMのデジタル印刷は小松総合印刷へ

効果的なDMをデザインするためのポイントや、圧着DMを思わず開けてしまう心理について解説いたしました。読者が見る順序に合わせて情報を配置する、写真やイラストなどのアイキャッチで読者を引きつける、他社のデザインと差別化する、といったポイントを意識することで効果的なDMを作成できます。また、隠されているものを見てみたくなる、という人の心理を利用するなら、圧着DMを活用するとよいでしょう。

小松総合印刷では、圧着DMやアンケートキャンペーンDMなど、様々なご要望に対応可能です。デジタル印刷を活用することで、バリアブル印刷やQRコード付きのDM、サイズを自由に選べるフォトブックなどもコストを抑えて作成できます。DM作成やデジタル印刷に関することは、お気軽にご相談ください。

デジタル印刷を利用すれば、一人ひとりに合わせたDMの印刷や無駄のない印刷が可能になります!

会社名 株式会社小松総合印刷
住所 〒396-0029 長野県伊那市横山10955−1
TEL 0265-72-3129
FAX 0265-73-6625
URL https://www.ko-ma-tsu.co.jp/
資本金 2,100万円
事業内容 総合印刷業兼情報発信業
取扱製品 圧着DM 圧着くじ バリアブル印刷 宛名印字 発送代行 スクラッチ 圧着はがき
代表者氏名 代表取締役 小松 肇彦
創立 1963年10月
従業員数 30名
取引銀行
  • 八十二銀行 伊那支店
  • 長野銀行 伊那東支店
  • アルプス中央信金 本店
アクセス
  • 中央道伊那ICより車で15分
  • JR飯田線伊那市駅より車で14分