QRのスマホくじで抽選システムを手軽に導入!デジタルマーケティングの重要性

従来の販促方法だと売り上げが上がらず、顧客が見向きしないというケースもあります。そんなときに活用できるのが、くじ引きです。スマホが普及した現在は、スマホで読み取るQRコードを使ったスマホくじも活用できます。

こちらでは、デジタルマーケティングの重要性と小松総合印刷のスマホくじシステムについて解説します。

スマホ時代にはデジタルマーケティングが重要

スマートフォンを持つ人物

マーケティング方法にはいくつか種類があり、そのひとつがデジタルマーケティングです。デジタルマーケティングでは、Webサイトのユーザー行動やスマホ・タブレットのアプリ行動履歴、IoT経由の包括的データなどのデジタルデータ、さらには来店データ、購入履歴といったデータも活用します。

パソコンが主流だった時代は、Webマーケティングを行う企業が多かったのですが、最近はデジタルマーケティングが重要になっています。現在はスマホが普及しており、スマホを使用して商品やサービスを検索する方が多くなっているのです。

スマホで価格を比較

商品情報や口コミ、レビューが口コミサイトやSNSを通じて手軽に閲覧できるようになりました。実店舗で商品を見ながら、スマホで他店の価格を閲覧し、価格を比較する光景も珍しくありません。

広告でもスマホを活用

Webやアプリで配信される広告は、ユーザーの属性や行動履歴に合わせて配信するものが一般的です。ターゲットに寄り添い、ダイレクトに販促活動を行うのは重要ですが、現在はスマホが一般的になっており、スマホを活用したデジタルマーケティングも重要といえます。

オムニチャネルによる販促活動

スマホ時代のデジタルマーケティングは、オムニチャネルによって、販促活動を行います。オムニチャネルとは、店舗やECサイト、SNSなど、オンライン・オフラインの双方を利用して顧客との接点をつくり、販売促進につなげる戦略のことです。

チャネルとは、例えばブログのコラム、デジタルカタログ、ポータルサイト、ポイントシステム、クーポン、SNSを指します。スマホで活用できるものは、すべてチャネルにできるのです。また、オムニチャネルは、複数のチャネルが統合することで価値が発揮されます。

QRコードで抽選くじ引きができる小松総合印刷のスマホくじシステム

QRコードで引けるスマホくじ

くじ引きというと、昔から紙のくじが主流でしたが、スマホの登場により、スマホで引けるくじ引きも登場しました。デジタルマーケティングにもスマホくじは活用できます。

会社の売上高を上げるには、顧客の購入点数を上げるか、顧客の購入平均単価を上げるしかありません。そこで、この購入点数か購入平均単価を上げやすくする方法のひとつがくじ引きであり、スマホ時代の現代においてはスマホくじが該当します。

小松総合印刷では、手軽にスマホでくじを引けるスマホくじを開発しました。「非接触型くじ♪デジくじパッケージ」という名称です。スマホくじは、スマホでQRコードを読み取ると、くじ引きができる仕組みです。QRコードを読み取るだけですので手軽で、スマホがあれば誰でもくじ引きできます。

くじ引きの結果は「あたり」か「はずれ」のどちらかです。デジくじでは、あたりの発生確率を設定でき、ひとつのスマホで1回のみ、くじ引きができます。抽選回数の上限が1000回までで、当たったくじの利用期間は1週間以内です。

くじ引きの景品は、顧客や消費者が欲しいと思うようなものにすると即効性がありますが、継続性は見込めません。継続性を求めるならば、会社の歴史やイメージ、所在地に由来するものがよいでしょう。会社に関係のあるものであれば、顧客や消費者の印象に残りやすく、QRコードで引けるスマホくじの高い効果が期待できます。

デジタルマーケティングで使用できるQRコードで引けるスマホくじシステム

会社の売り上げアップのためには、スマホを活用したデジタルマーケティングが欠かせません。デジタルマーケティングで使える方法のひとつが、QRコードで引けるスマホくじです。スマホくじを使えば、顧客や消費者の購買意欲を高め、魅力的な景品を設定すれば、売り上げアップにつながるでしょう。ぜひとも小松総合印刷のスマホくじをご用命ください。

スマホを活用したデジタルマーケティング!QRコードで引けるスマホくじのご用命なら小松総合印刷

会社名 株式会社小松総合印刷
住所 〒396-0029 長野県伊那市横山10955−1
TEL 0265-72-3129
FAX 0265-73-6625
URL https://www.ko-ma-tsu.co.jp/
資本金 2,100万円
事業内容 総合印刷業兼情報発信業
取扱製品 圧着DM スクラッチカード 三角クジ 圧着くじ 可変印刷製品 バリアブルカタログ
代表者氏名 代表取締役 小松 肇彦
創立 1963年10月
従業員数 30名
取引銀行
  • 八十二銀行 伊那支店
  • 長野銀行 伊那東支店
  • アルプス中央信金 本店
アクセス
  • 中央道伊那ICより車で15分
  • JR飯田線伊那市駅より車で14分